ANNGLE公式グッズストアオープン!

タイ銀行、観光事業崩壊危機について警笛を鳴らす

来年はより大きく影響を受ける可能性を示唆

外国人旅行客の減少に伴う減収

タイ銀行は、政府が外国人旅行客に対する入国制限をこのまま続けた場合、タイの観光産業は来年大きな打撃を受けることになるだろうと発表しました。経済政策局長のDon Nakornthab氏は、外国人旅行客の来訪者数について、今年の800万人、来年の1,600万人という当初の予測から大きく下回る見通しだと述べています。観光・スポーツ省と国家経済社会開発評議会はすでに、今年の外国人観光客の訪泰予測を670万人、来年は1,200万人へと削減しています。

またDon氏は今年の中央銀行と2つの国家機関の予測における130万人に及ぶ外国人の入国減少はタイ国内にのGDPを0.5%低下させるものであるとも述べています。しかし他にも考慮すべき経済的要因があるため、損失は通年のGDP計算に直接計上することはできないということです。

政府へ危機感も

タイでは7月まで4ヶ月連続で新型コロナウィルスによる第二波を懸念した国外旅行規制が続いている影響で、外国人観光客の入国を許可していませんでした。2019年の訪泰外国人数は4,000万人に達し、観光産業からの収入がGDPのほぼ20%を占めています。

Don氏は、インバウンドのフライト規制が依然として緩和されないため、外国人旅行者の比率は4月から12月にかけて、前年比で100%減少する予想とされていることを明らかにし、政府に対して外国人旅行客がタイに訪れることができない場合、来年のタイの経済成長に深刻な影響を与えること、観光政策と感染拡大抑止のバランスついてしっかりと対応策を打ち出す必要があることを指摘しています。

Source:Bangkokpost

ANNGLE STORE
タイでウケるTシャツ
タイ語Tシャツ(パクチー多め)
¥ 2,580