Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

今、タイで話題の「立憲革命記念プレート紛失」からタイの歴史を垣間見る

紛失した「人民党プレート」 ©soimilk
紛失した「人民党プレート」 ©soimilk

最近、タイでは立憲革命記念のプレート(マンホールの蓋のように地面に埋め込まれているもので、タイでは「人民党プレート」と呼ばれている)が紛失したと話題になっている。

「人民党プレート」とは何か?

西暦1932年(仏歴2475年)6月24日は、それまでの絶対王政から立憲君主制へと移行する「立憲革命」が起きた、タイの歴史上極めて重要な日である。

この立憲革命は、プリーディー・パノムヨン氏やピブーン・ソンクラーム氏などが率いる人民党によって決行された。

それから4年後の1936年12月10日、この立憲革命を記念して銅のプレートが作られ、チュラーロンコーン大王騎士像があるエリアの地面に埋め込まれた。

なお、この12月10日は現在の憲法記念日である。

プレートの上に記載されている内容は、以下の通り。

「2475年6月24日の黎明、ここに於いて、国家の発展のため、人民党が憲法の誕生を引き起こした」

紛失した「人民党プレート」©thailand2475(facebook)
紛失した「人民党プレート」©thailand2475(facebook)

この「人民党プレート」に何が起きたのか?

2017年4月14日、この「人民党プレート」が新しいプレートに入れ替わっているというニュースがSNS上で流れた。

区の事務所によると、この件を認識してはいるが、誰が行ったのかは分からないとのこと。

新しいプレートに入れ替わっている様子 ©thailand2475(facebook)
新しいプレートに入れ替わっている様子 ©thailand2475(facebook)

話題になっている理由

政治的な思考がどのようなものであろうと、或いは、個人の人民党に対する考えがどのようなものであろうと、今回の件は、過去の重要な出来事の証拠を破壊することで、歴史の事実を曲げる試みに他ならない。

別の見方をすると、公共の価値ある資産が、だだっ広い場所で盗難に遭ったということであり、国家の資産管理の失敗とも言える。まだ責任の所在は明らかにされていない。

今回の立憲革命の記念プレート紛失のニュースが流れたことで、バンコク都民が自国の歴史に対し、より興味を持つことになったようだ。

Source: soimilk

あなたにオススメの3本
デモ隊がタクシン派と衝突!タイ反政府デモここ数日間の動き... タイ反政府デモタクシン派との衝突で死者3人に タイの反政府デモ隊が大規模な抗議活動を行った1日、首都バンコクの首相府周辺では警官隊とデモ隊が対峙(たいじ)し緊張が高まった。11月30日夜には反政府デモ隊と政府支持派の衝突が発生し警官隊は催涙弾等で対抗するなど...
国外亡命の噂も!?出廷しなかったインラック前首相に逮捕状... 前政権のコメ質入れ制度に絡んで職務怠慢に問われているタイのインラック首相が、本日予定されていた判決公判に出廷しなかったため逮捕状を出したのことです。 インラック前首相、体調不慮で出廷せず 裁判判決が出る予定だった本日は最高裁判所前に大勢の支持者が押し寄...
単なる漫画電車!?タイも上海ディズニーに辛口評価... 6月16日、世界第二の広さを誇る上海ディズニーリゾートが開演した。そのニュースはタイでも報道されたが、場内環境やサービス品質に対する問題も早速話題になっている。オープンの翌日にはディズニーをテーマにした専用電車の運行も始まったが、この電車対してタイのディズニー...
よく見られてる一本
王様の雨
タイの人工雨製造技術 “王様の雨” 非降雨農地に急ピッチで雨を届ける