ビジネス

タイのビジネスに関する記事まとめ

輸出低迷やバーツ高で倒産も、タイ工業団地で失業者数が倍増中

サラブリー県やロッブリー県といった工業団地がある自治体の失業者数が、今年の第一四半期と比べて倍増していることが分かった。コスト高に加え、輸出量の減少やB高などにより、企業の倒産が増えたことが要因とみられる。 失業者数を県…

新計画に副首相が私費2億バーツ、旧鉄道計画の撤去費用で

タイのアヌティン副首相は9月25日、20年前にとん挫した都市鉄道「ホープウェル計画」の橋脚などの残がいを、私費2億バーツを投じて撤去すると発表。新たに建設が進められるドンムアン、スワンナプーム、ウタパオの3空港を結ぶ快速…

ノルウェー水産団体がASEAN拠点をバンコクに移転

ノルウェー産水産物の普及を図っているノルウェー水産物審議会(NSC)はこのほど、バンコク都内に東南アジアの拠点となる事務所を開設した。同国で生産された養殖生鮮サーモンの輸出量が大幅に増え、今後の市場拡大も見込めることから…

タイの景気は後退していない!

地元紙によると、タイの国家経済社会開発委員会(NESDC)のトサポーン長官が3日に開かれた閣議で「タイ経済は減速しているのは確かだが、リセッション(景気後退)しているわけではない。経済は依然成長しているが、ペースが鈍化し…

インジャルーン市場で日本の学生がタイ人向けにスイーツを販売

2019年8月、Spice Upグループが主催する学生向けプログラム『Samurai Curry Project』がインジャルーン市場で実施された。Samurai Curry Projectとは2014年カンボジアでスタ…

課題山積の厳しい船出!?プラユット首相就任

6月11日、ワチラロンコン国王の承認を受け、プラユット氏が正式に第30代首相に就きました。タイが抱える課題は米中貿易摩擦、少子高齢化、最低賃金問題と枚挙に暇がなく、今後政権がどのように対応していくかに関心が集まりますね。…

タイのコーヒー業界に激震

タイ進出21年目の「スタバ」が勢力拡大の予感 経済の成長と共に、緩やかに発展を続けるタイのコーヒー文化。巷には趣向を凝らしたカフェが溢れ、現在はアジア第6位のコーヒー生産国へと成長。そんな中、タイの飲料業界最大手「タイ・…

幸か不幸か?米中貿易戦争に翻弄するタイ経済

米中貿易戦争の影響は避けられない タイの報道各社は、今年の国内総生産(GDP)伸び率が当初目標の3.5%を下回る可能性があると閣僚や識者の見解を載せました。タイ商工会議所大学経済ビジネス予測センターのタナワット所長は、今…

投資家も注目、タイの医療ビジネスが好調

タイ証券取引所(SET)によると、タイの医療ビジネスが国内で好調であることが分かった。SETに上場している医療会社23社の年間売り上げが平均で8.5%ほど上昇。高齢化に加え、定年を迎えてタイに移住する外国人が増加している…