アングル
角度を変えてタイからアジアを覗く

最悪懲役! 規制が厳しいタイでドローンの許可申請してみた

みなさんはじめまして。 タイで映像制作会社を経営しているKです。今回は、「世界でもっともドローン規制が厳しい」と言われるタイで、飛行許可の申請にトライしてみました!

タイでドローン規制法を侵すとこうなる

今年9月に施行されたドローン規制法によると、罰則は「1年の懲役+罰金4万バーツ」となっています。

規制法のおもな内容

ドローン許可の申請書
ドローン許可の申請書

タイ語で書かれた書類を翻訳してもらったところ、おおまかに、このような内容が書かれていました。

  • ①タイ交通省(交通輸送規制局)からの許可証を取得しドローン使用時に携帯すること。
  • ②地上から90メートル以下で飛行させること。
  • ③ドローンは目視できる範囲で飛ばすこと。
  • ④飛行できるのは、太陽がのぼっている時間のみ etc…

これらのルールをやぶると、最悪で懲役刑…!ルールが曖昧で、ペナルティが厳しすぎるような。。「世界でもっともドローン規制が厳しい」と言われる理由がこれです。タイは微笑みの国といわれていますが、締めるところはグイグイ締めてきます。

許可証ゲットには、ドローン保険が必須

とにかく許可証を取らなければなりません。申請のため、タイ人スタッフから、担当部署へ電話で問い合わせ。

ドローンのライセンス申請
ドローンのライセンス申請

すると、申請書類の他、「ドローン保険に入ってください」と言われました。保険の加入証明も必要なんですね~。このあたりでだんだん面倒になってきますが、もともと保険には加入するつもりだったので、今度は保険会社へ。

某保険会社
某保険会社

タイは日本と違いドローン専用の保険がないので、オーダーメイドで組んでもらいました。(高かった…)

いよいよタイの交通省へ

タイの交通省へ
タイの交通省へ

申請書と保険の書類の束を抱えて交通省内にある「交通輸送規制局」 へ。名前の割にアットホームな雰囲気の事務所。怖い系の顔をした担当官。申請を行いました。

交通省の入り口
交通省の入り口

ドローンの飛行許可

審査の結果、晴れてタイ国内でのドローン飛行が認められ、許可証をもらえることになりました。(テンションが上がって、思わず怖い系の顔の担当官と自撮りしました)

タイで空撮するメリット

ここまで苦労して許可証を取る必要があったのか、まだ分かりませんが、今まで外注していた「空撮」 を自社で行えるのは嬉しいことだし、映像表現の幅がグッと広がりました。

これからの撮影が楽しみです。

続く

RAWLENS FILM PRODUCTION(THAILAND)CO.,LTD.
ホームページ:RAWLENS.asia
問い合わせ(メール):info(a)rawlens.asia ※@に変えて送信下さい。
問い合わせ(Tel):086-383-5762

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で