外山文子

外山文子

京都大学東南アジア研究所研究員、タマサート大学政治学部客員研究員。京都大学博士(地域研究)。専門はタイ政治、比較政治学。早稲田大学政治経済学部政治学科卒、公務員を経て、京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科博士課程修了(2013年)。

4 Articles Published | Follow:
タイ総選挙2019の行方

タイ民主化はどこに向かうのか〜憲法裁によるタックシン派政党の解党から

2019年3月7日、タイ憲法裁判所は、タックシン派政党の一つであるタイ国家維持党に対して解党判決を下した。同党が現国王の姉であるウボンラット王女を首相候補者として擁立し、タイ国民に大きな衝撃を与えてから僅か1か月後のこと…

1973年10月14日「学生革命」と1976年10月6日「血の水曜日事件」に関する展示 Photo by Toyama

タイ人研究者と政治セミナー

大学では、毎年多くのセミナーが開催されている。一般市民向けの公開講座から研究者が集まる学会まで様々な種類がある。タイでも同様の状況で、タイの歴史において民主化運動の中心にあり続けてきたタムマサート大学では、特に多くのセミ…

国王と今後のタイ王国©ibtimes

ワチラロンコン国王(10世王)の即位と今後のタイ

 2016年12月1日夜、ワチラロンコン皇太子が、国家立法議会(国会)議長からの王位継承の要請を受諾し、10世王が正式に即位した。10月13日のプーミポン国王の崩御から1カ月半の空白期間が空いたが、ワチラロンコン国王の即…

本屋の国王コーナー

今タイに、国王は存在するか、否か?

 タイ国民から敬愛されてきたプーミポン国王(9世王)が、10月13日午後に崩御した。タイ国民は深く悲しみ、現在も多数の国民が王宮まで弔問に訪れているところである。11月に入ってからは地方からの弔問客が多く、民族衣装を身に…