\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

地盤沈下の影響で10年後にバンコクの40%が沈没

某大学キャンパスの浸水
某大学キャンパスの浸水

先日、オンラインメディア「SOUTHEAST ASIA」が今後のバンコクについて少し恐ろしい記事を掲載した。

バンコクの地盤沈下について
バンコクの地盤沈下について

バンコクは1年に1〜2センチ沈没している

世界銀行の発表によるとバンコクは以前から気候変動による自然災害対策を進めているが、開発の遅れや計画ズレなどの影響で今後10年ほどで部分的に浸水する可能性があるという。

とくに中心部の地盤沈下は深刻で2030年頃には都市全体の40%が浸水被害を受けると指摘。また、グリーンピースのタラ・ブアカムスリ氏も”バンコクは1年に1〜2センチの沈没していおり、近い将来再び大規模な洪水が起きる可能性がある”とも語っている。

浸水する道路をまたぐ女性
A woman walks through floodwaters in front of the Grand Palace, Bangkok in 2011. File photo: AFP

原因は高層ビルやモールなどの無計画な都市開発

海抜1.5メートルの湿地帯にあるバンコクは街のといたるところでタイルが剥がれているのを目にする。これは大雨などの影響で地盤沈下が発生しているのが原因。このような不安定な環境下の中で無計画な都市開発が拍車をかけ地下の排水路にも大きな影響を及ぼしているとのこと。

これらの現状をタイ政府はもっと真摯に受けとめるべきという声も多い。

剥がれる歩道のタイル
剥がれる歩道のタイル

source:SOUTHEAST ASIA

オススメ記事
バンコク郊外を走る日本製の新高架鉄道が一般客試乗を開始... 6月13日、バンコク北部(バンスー)と、北西郊外(バンヤイ)の間をつなぐ新しい高架鉄道 通称「パープルライン」が、一般客を乗せて無料試験運行を開始した。 8月まで一般試験走行 今回の無料一般試乗では沿線付近の一般住民らを中心に約5,000枚分の無料乗車...
再び大規模デモ計画!終わりなきタイの反政府デモ 先日、解除されたバンコクの非常事態宣言であるが中心部にあるルンピニ公園や一部官公庁などでは依然としてタイ反政府派による抗議活動が続いている。 そんな中、再びステープ元副首相率いる反タクシン派は3月29日にバンコクで大規模なデモ行進を行う計画を発表。現...
大阪市長がツイートした「タイのゆるキャラ。完全にフナッシーやん。」がタイ国内で波紋... 吉村洋文大阪市長が今週初めにツイートした内容が、タイ・日本のSNS上でちょっとした騒ぎとなった。 「ふなっしー」とタイのトウモロコシのキャラクター「パランちゃん」が似ているとのツイートに寄せられたコメント ©Posttoday 現在カザフスタンの...
久々にバンコクで開催!Jリーガー発掘クリニック 東南アジアからJリーガーを 東南アジアからJリーグ選手を排出するために設立されたJDFA(Japan Dream Football Association)が主催するタイの小学生を対象としたサッカークリニック。 昨年より東南アジア各地で行われており、こ...
メディア
よく見られてる一本
タイのビールも良いけれど、たまにはドイツで乾杯!