Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイでも珍しい南インド料理、ドーサを食べる

タイで食べるインドの「ドーサ」
タイで食べるインドの「ドーサ」

オニオンマサラドーサ、でっかい!

タイに来たら、毎日毎日タイ料理ばっかり食べるのかと思ってたけど、バンコクはタイの首都だけあって、様々な国の料理を食べることができるんだ。今日はその中でもちょっと珍しい、南インドのドーサという料理が食べられるお店を紹介するよ。

ドーサの食べられるお店、SARAS
ドーサの食べられるお店、「SARAS」

ドーサというのは、米とウラッド・ダールという豆の一種を吸水させてペーストにしたものを発酵させて、薄くクレープのように焼いた軽食なんだ。小腹が空いた時や昼食にはもってこいの料理だよ。

ドーサだけだとクレープの皮だけを食べている感覚で、本当に量が少ないので、昼食には中にカレー味のジャガイモが入ったマサラドーサをお勧めする。でてくるドーサはとっても大きいので、中にいっぱいジャガイモが入っているように見えるけど、ジャガイモは中心にちょこっと入っているだけなので安心して欲しい。

カリッと焼き上げた皮と、とろけるカレー味のジャガイモは、癖になる旨さだ。豆のスープもセットになって200B弱と、値段もとってもリーズナブル。

食後にはチャイもどうぞ!
食後にはチャイもどうぞ!

バンコクでも数少ないドーサが食べられるお店

このドーサ、日本でも食べられるお店はあまりなくて、もちろんバンコクでも食べられるお店がとっても少ないんだよ。このお店は、他にも様々な野菜のカレーが乗ったベジタリアンカレープレートもあるし、ちょっと珍しいインド料理なんかもリーズナブルに食べられる。

店内は日本人もタイ人もほとんどいなくて、タイ語よりも英語の方が通じるくらいなので、タイ語に自信のない人も、ぜひ行ってみてほしい。

SARAS 公式ファンページ

あなたにオススメの3本
New Latitude Wine 新緯度帯ワインの魅力。第2回-柑橘系の心地よい香り... 【Monsoon Valley Colombard】(モンスーンバレー・コロンバール)生産地:ホアヒン 商品名にも使われているコロンバールは、白ワイン用のブドウ品種を指し、フランスやイタリアといった旧世界(オールドワールド)ではブレンド用として使われるの...
涙がでるほどうまい滋賀県の近江牛!バンコクで食通メンバー限定の試食会が開催!... 滋賀県で創業120年の歴史がある老舗、大吉商店の高級近江牛の味を知っていただこうと、バンコクの味通ばかりを集めた試食会が18日、バンコク・トンローのソイ20の「Bird Garden」で開催された。タイ飲料大手オイシ・グループの創業者で現イチタングループ代表の...
New Latitude Wine 新緯度帯ワインの魅力。番外カオヤイ編2-楽しんでやっていきたい... 「父が一生懸命、良いブドウを作ってくれるから、私は出来る限りその味を活かして、美味しいワインを作るだけ…」 静かな語り口の中に、どこか秘めた思い。タイ・カオヤイのワイナリー「GranMonte(グランモンテ)」で、オーナーの父ウィスット・ローヒットナーウィ(V...
ライター
よく見られてる一本
タイのローカルサウナ事情
タイのローカルサウナ事情 vol.1エビ釣り堀の88 SAUNA