タイで超有名居酒屋「しゃかりき432”」の人気の秘密とは

シャカリキ432"の秘密
シャカリキ432"の秘密
グルメ

「しゃかりき432”」と言えば、タイ在住日本人で知らない人はいないであろう、超有名居酒屋グループだ。年中無休、深夜まで営業、ピンクのトゥクトゥクで送迎ありの、元気で便利な居酒屋さん。432”というのは、オーナーの清水社長の名前をもじっているんだって。

今回は、そんな「しゃかりき432”」の事務所開きお披露目バーベキュー大会があるというので、お呼ばれしてきたよ!

店前での鏡開き

店前での鏡開き

ご機嫌な清水夫妻と従業員による樽酒鏡開き!

2015年8月30日、この日は「しゃかりき432”」主催の事務所開き兼バーベキュー大会。午前中はお坊さんを呼んで、事務所開設のお祈りをしてもらったらしいんだけど、午後からは業者達も集まって、しゃかりきメンバーとバーベキュー大会をしたよ。

ご機嫌な清水社長と社長夫人、従業員による樽酒鏡開きを皮切りに、刺身や唐揚げや焼肉が振る舞われた。山盛りの料理をつまみながら、ビールや日本酒がススム!ひとたび酒が入れば、知らない同士も旧知の仲だ。

清水社長夫妻や従業員の明るいキャラクターも手伝って、会場は大盛り上がり!

ちっこくて底抜けに明るい、清水夫人。

ちっこくて底抜けに明るい、清水夫人。

超繁盛店、しゃかりき432”のワケ

「しゃかりき432”」が一番最初にお店を構えたのは、立地の不便さゆえか、さまざまな飲食店が新規開店しては、ほどなくして閉店を迎えている魔の立地、アソークのPSタワーだ。

あの立地でどこまでモツか…の心配をよそに、「しゃかりき432”」アソーク本店は大繁盛し、3年後の現在では、アソーク本店、しゃかりき029、SUSHI 432”、日本街店、タニヤ店、432″PLAS+、トンロー日本村モール店、パタヤ店、ラチャダ店と、店舗を続々とオープン!

しゃかりきグループは、なんとタイ国内で9店舗もあるんだ。10月には、シラチャにも店舗を構えるんだって!

「しゃかりき432”」といえば、常套句は「見切り発車!」内装が終わっていなかろうが、空調が効いていなかろうが、この日!と決めたらその日に開店!そんな場当たり的に感じるお店でも、ある程度計画性があるんじゃないかと思って清水社長夫妻に聞いてみたところ、「お店は9店舗もあれども、個人的には家もない、車もない、蓄えもない。45歳までは、ただただ新店舗をOpenしていく」と、ストイックだか場当たり的だか分からない回答が返ってきた。

清水社長は現在40歳だから、あと5年は見切り発車をしていくんだね。

バーベキューで盛り上がる、清水夫妻と仲間達。この後、記憶がなくなる。

バーベキューで盛り上がる、清水夫妻と仲間達。この後、記憶がなくなる。

従業員のために今後は東南アジア展開!

そんな「しゃかりき432”」、今後はミャンマーとフィリピンに新店舗を出そうと考えているそう。清水社長曰く、「ミャンマーはな、うちの従業員のためやねん。ミャンマー人の従業員が多いからな。ミャンマーに店を出すのは、恩返しのつもりやねん。」とのこと。

目頭が熱くなったよ。フィリピン人の従業員はいないから、なぜフィリピンに新店舗を出したいのかは謎だけど、清水社長は暑い国が好きなのかもしれないね。

楽しいバーベキュー大会の後、二次会の「432PLAS”」で、清水社長も集まった業者達も、楽しくて、飲み過ぎて、途中から記憶がなかったんだけど、そういう緩さも「しゃかりき432”」の魅力だよね。緩くて、勢いがあって、アットホームで、ストイックなのか場当たり的なのか分からなくて、そんな「しゃかりき432”」は、日本人経営でありながら、とてもタイらしいお店だと思う。

だからこそ、「しゃかりき432”」は皆に愛される超繁盛店に成長したんだろうね。これからも見切り発車で、タイの飲食業界を賑わせて欲しい。

清水社長のインタビューについてはこちら

しゃかりき432”オフィシャルサイト
http://www.shakariki432.com/

おすすめ関連記事