Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイのラマ3世通りがアツイ!? オートバックス移転オープン

オープニング・セレモニー(出典:Facebook)
オープニング・セレモニー(出典:Facebook)
Last updated:

日本では気軽に自動車用品を購入できたり、カスタム、メンテナンスで有名なオートバックス。ここタイにも、2000年から進出しており、現在6店舗展開している。

そのオートバックスであるが、タイ進出時の1号店であった「オートバックス サトーン店」を閉店、南に約3kmのラマ3世通りに「オートバックス パラマサーム店(オートバックス ラマ3店)」として10月5日に移転オープンしたそうである。

AUTOBACS HPより
AUTOBACS HPより

ラマ3世通り沿いがアツイのか!?

つい先日も、「ホンダ・ビックウィングRama3」店の開店をお伝えしたばかりである。ラマ3世通り沿いは、新興住宅街や大型ショッピングセンターがあり、高速道路等も通っていることからなかなか便利で人気が出てきているのかもしれない。

タワンデーンRama3等、有名店もある事からその周辺の顧客獲得を目指しこの地に移転してきたのだろうか。ただ、旧店舗と比べて、ピットの台数も8台→3台に減少、売り場面積も774㎡から68㎡に減少している…

AUTOBACS HPより
AUTOBACS HPより

まだまだマイナーかな…

タイではB-Quickという黄色と黒がテーマカラーお店がチェーン展開に成功しており、メンテナンスの部分で、思った様にオートバックスは勢力を広げられていないのでは無いかと思う。

また、タイで圧倒的なシェアを誇るTOYOTA等、日系各社はタイ全土にディーラーを配置。購入後のメンテナンス等を行なっており、基本的にタイ人はディーラーを利用する事からオートバックスの様な形態は成功しづらいのも原因だろうか。

なんにせよ、日本の様に安く自動車用品を購入できる、しかもJapanクオリティのモノというお店は貴重なので、がんばって欲しい。

オートバックスセブン

あなたにオススメの3本
AECって言うけれど…加盟各国の結びつき度合いを見る... 「AECって言うけれど…。」シリーズ3回目は、ASEAN加盟各国が世界中のどの国と結びつきが強いのかをまとめたデータ。貿易相手国ごとに輸出額と輸入額の和=貿易総額を比較、結びつきの強い順に%で表してある。(出典はいずれもIMF) まずは、上図、域...
日系企業が独占!タイの自動車アフターサービスランキング... タイの自動車正規販売店のアフターサービス(サービスの品質や担当者の対応)の満足度ランキングにて日系企業7社が上位を独占しました。 上位7位までを独占した日系企業 同調査は2014年7月〜2015年5月に正規販売店のアフターサービスを利用した3393人を...
熱中して働くならタイへ!タイで若者が働くべき3つの理由... 「ゆくゆくは自分でビジネスをやりたい」「若いうちにチャレンジングな経験をしたい」。タイは、意欲の高い若手ビジネスマンがキャリアを作る目的で働くには最高の土地。今回は、その理由について説明します。 理由1:アジア・欧米・中東の文化が融合する国際都市バンコク...
キュレーター
よく見られてる一本
タイ人と働く
タイ人と働くということ