\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

海外生活の心得・お金事情 其の2 海外だからこそ受けられるサービスとは?

Last updated:

皆さん、こんにちは!うきうきコンサルタントのたなかです。

前回は、お金シリーズ初回ということで、
1)海外に出たときに受けられなくなる/受けにくくなる金融サービス
2)海外に出ても、引き続き受けられるサービス
をざっくりとお話して、更には最近の年金事情などのお話を少しさせて頂きました。

基本的には、金融サービスは国内居住者向けというのが大前提ですので、海外に出るときはそれなりの準備が必要となることを念頭に、二回目の今回は、逆に海外だからこそ受けられるサービスをさくっとご紹介致します。

皆さんは、【オフショアサービス】という言葉を耳にしたことはありますか?

国内向けの【オンショアサービス】に対して、shore (ショア=海岸線)のoff(オフ=外)にあたる、海外に渡って生活をしている人向けのサービスのことを、オフショアサービスと呼びます。

オフショアサービスは、【海外に渡って生活をしている人=海外の住所を証明できる人】を条件に、何かと不便を強いられる【オンショアサービス】を継続しなくても、海外で便利に生活できる金融インフラを与えてくれるサービスのことを言います。ただし、居住地での銀行口座などは、【オフショア=海外】ではなく【オンショアサービス=国内】となりますので、お間違えのないよう。

オフショアサービスは、世界中に点在する【国際金融センター】と呼ばれる国や地域を拠点として、【海外居住者向け】の金融サービスとして展開されています。

【国際金融センター】は現在、世界に50ヶ所以上あります。アジアの代表的なオフショア金融センターとしては香港やシンガポール、マレーシアのラブアン島などが、ヨーロッパではスイス、ルクセンブルグのほかイギリス領マン島、イギリス領ガンジー島などが知られており、これらの国や地域がいわば【国際金融特区】となって一元提供をしています。

これらの【国際金融センター】は、もともとは産業誘致のためなどにスタートしましたが、その国際水準を満たした優良なサービスで、世界中からの金融資産が集まる一大産業へと成長してきました。

皆さんは海外に出ることによって、日本のオンショアサービス(国内サービス)が受けられない代わりに、このようなオフショアサービスを受けられる特権を得られることになるわけです。

次回からは、このオフショアサービスをもう少し掘り下げてご紹介していきますのでお楽しみに!

こちらの記事どうぞ
バンコクにまた一つモフモフスポットが誕生! 以前、anngleでもお伝えした(バンコクでモフモフできる人気の猫カフェ3選)が、バンコクにまた一つ新しい猫カフェがopenした。しかも、オーナーは日本人。 すでのバンコクに何店舗かある猫カフェであるが、今回のこの猫カフェはラップラオという少しローカルな...
バンコクセレブが集う郊外型ショッピングモールでワインがぶ飲み!... 人と待ち合わせをする場所として重宝している、ちょっと異色な郊外型ショッピングモール「Crystal Design Center (CDC)」をレポします。 CDC外観。デザイナーズな建物と開放的な空間 場所は、エカマイを南下しラマ9を超えた高...
英語はタイで必要なのか? バンコクに暮らしていると、日本語で生活が(ほぼ)成り立ちます。日本食レストランは数多くあり、日本語メニューに日本語を話す店員さんが常駐、他国料理でも場所によっては日本人がメイン顧客だからと日本語メニューが用意され、スーパーでも日本の食生活にあった食材が手に入り...
バンコク初のアクティングスクールが2015年1月に開校... アメリカの名門校ブラウンとエール大学で演技・演技監督を専攻後、アメリカ国内の数々の大学・舞台で演技指導をしてきたLoni Berryが開く本格的アクティングスクールです。 他の講師もタイの映画・テレビで実際に活躍している講師陣です。すべてのクラスは英語で...
メディア
よく見られてる一本
1973年10月14日「学生革命」と1976年10月6日「血の水曜日事件」に関する展示 Photo by Toyama
タイ人研究者と政治セミナー