\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイの実質経済成長率の推移。日米中、主要各国とのデータ比較 「数字で見るタイ事情」その3

Last updated:

タイ国内のエコノミストらが予想した今年、2013年のタイのGDP(国内総生産)の平均伸び率は4.6%で、2012年より若干減速するものの、引き続き高い数値となる見通しであることが分かった。

昨年末に実施されたタイ中央銀行や民間金融機関関係者への聞き取り調査に基づくデータ。タイ市場をめぐっては日本を始めとした外国資本の進出意欲が今年も旺盛とみられ、予想のとおりであれば、引き続き好景気が期待されるという。

realgrowthrate

GDP は国内で生産された商品やサービスの総産出額から原材料などの中間投入額を控除した付加価値の総額。ここから物価変動の影響(インフレ等)を取り除いた変化率を実質経済成長率という。上記グラフは、タイ、日本、アメリカ、中国の主要4カ国の2012年までの実質経済成長率を比較したもの(2012年は予想)。

realgrowthrate2

タイのインフレ率は現在、アメリカ並みの3%台(2011年)だが、実質経済成長率は5.57%とアメリカを凌ぎ、減速気味とされながらも世界のトップを走る中国に迫る勢い。一方、デフレの続く日本では、かろうじて実質経済成長率のプラスを保ったものの、2%台と低調にある。ちなみに主要4カ国の2011年インフレ率は次のとおり。

インフレ率
タイ 3.81%
日本 -0.29%
米国 3.14%
中国 5.42%

タイでは昨年、最低賃金の引き上げ策やコメの買取策など「大衆迎合策」と指摘される施策が相次ぎ、これらが中長期的に財政に与える影響が懸念されてきた。今後の展開が注目されている。

オススメ記事
2011年タイ中部を襲った大洪水、ホンダ工場(アユタヤ)の現在... 昨年暮れ、タイ中部を襲った大洪水。日系企業が数多く進出するアユタヤ県などの工業団地が3ヶ月近くにわたり水没、操業が全面的にストップした。あれから間もなく4ヶ月。日系自動車メーカーで...
デング熱―ちょっとは知っておきたい「タイの病気」シリーズ。第1巻... 熱帯に位置する南国タイ。穏やかな気候ながら、旅行者にとっても滞在者にとってもちょっぴり心配なのが、病気に罹った時の対応。海外旅行者保険や医療保険など万が一時の対策は万全に採っていて...
洪水の次は干ばつ!?東部工業団地の貯水池で大規模干ばつの兆候... 昨年の洪水被害から間もなく1年。タイ政府はチャオプラヤ川上流のダムの放水を前倒しするなど防水対策を継続しており、現在のところ昨年のような大洪水が発生するとの危険性は高まっていない。...
メディア
よく見られてる一本
石野卓球
電気グルーヴ・石野卓球がバンコクで語った。「昔と今と未来の音楽の話」