\ANNGLE公式タイ語グッズストア/

デジタルサイネージの明るさに近隣住民抗議

LEDの光が近隣住民の生活に影響

「Lower Thonglor」の巨大なLED看板が住民に影響

おしゃれなブティックやデザイナーズホテル、レストランなどが集まるバンコクで栄えたエリアの一つ「Lower Thonglor」では近所に住民の家があるにもかかわらず、巨大なLED看板を設置。これにより住民たちは何ヶ月も眠れずに不満を抱えています。住民の抗議は続いていますが、現在もLED看板は点灯しています。

この通りは元々夜の街として華やかな音楽や光で有名ですが、巨大なラップアラウンドビルボードがスクンビットロードから120メートル上にある曲がり角にぶら下がっていて、建物の真向かいに差し込む光は人々の暮らしに影響が出るほどです。

住民の声と対応

12月28日にはこの看板に抗議するバナーで覆われた建物のブロックが見つかりました。「巨大企業のLED看板が違法に貼られていた」「眠れなくなった」「頭痛!」など抗議のバナーです。住民は8月にも看板が非常に明るく照らすため家族の生活に支障をきたすと記者団に語っていました。

看板はAquaAd Public Co. Ltdのもので、ワッタナー区役所によると、長さ32メートル、高さ8メートルです。また許可なく違法に設置されたため、建築基準法にも違反しています。市役所の担当者は29日現場を訪れ、AquaAdがライトを最大輝度の20%に下げ、午後8時にオフにすることに同意したと述べました。同社は2月7日までに看板を完全に撤去するまで、1日あたり7,000バーツ(130米ドル)の罰金を科されます。

source:COCONUTS BANGKOK

 バンコクのトンロー通り
ANNGLE STORE
オフィシャルグッズストア
3大寺院のマテリアル(ワット・ポー)
¥ 1,650