タイと中国の蜜月な関係・・・

photo by : chiangmai.cmu.ac.th
photo by : chiangmai.cmu.ac.th

地元紙によれば、タイの首相府相は7日、海外からのタイへの直接投資について、「長年、日本がトップシェアを占めてきたが、今後10年では中国が追い抜く勢いで増えている」との見解を示したそうです。これは、中国・広州市で開かれたタイ投資委員会(BIO)主催のセミナーでの内容です。

タイと中国で包括的枠組み協定

東部経済回廊(EEC)への投資を呼びかけるもので、中国企業600社が参加したそう。また、同日にタイと中国は、両国の貿易と経済連携の強化に向けた包括的枠組み協定を締結しました。同協定では、2国間貿易額を、2017年の736億7,000万ドルから、21年までに1,400億ドルへ拡大することが示されました。さらに、今年初めて開催された中国・上海での中国国際輸入博覧会(CIIE)に今後、タイ企業が参加できるようにすることや、貿易促進を目的とした合同会議を定期的に開くことも約束したそうです。

タイランド4.0という政策

 遡ること10月25日に開かれたあるセミナーでは、在タイ中国大使館の政治担当参事官が出席。タイランド4.0政策を支援し、EEC開発への投資を加速させることを約束しています。コンケーンからバンコクを結ぶ高速鉄道建設も着工されていますし、蜜月ぶりが目立ちますね。

あなたにオススメの3本
New Latitude Wine 新緯度帯ワインの魅力。番外カオヤイ編2-楽しんでやっていきたい... 「父が一生懸命、良いブドウを作ってくれるから、私は出来る限りその味を活かして、美味しいワインを作るだけ…」 静かな語り口の中に、どこか秘めた思い。タイ・カオヤイのワイナリー「GranMonte(グランモンテ)」で、オーナーの父ウィスット・ローヒットナーウィ(V...
タイの高校に行って来た!日本語セクションのリスニング&スピーキング試験で立会官を体験!... 「タイで、ビールを飲みながらゲンキョウワンを食べる人はいません!」 生徒:「貴方はどんなタイ料理が好きですか」 立会官(記者):「そうですねえ。ゲンキョウワン(鶏肉とココナッツのグリーンカレー)が好きです」 生徒:「どうして好きなのですか」 立...
なぜタイの日本食がモテるのか?タイの日本食文化と歴史... 1980年代中頃に日系飲食料品の小売店がタイに進出、80年代後半に日本人向けの日本食飲食店が急増した第1次日本食ブームが起こった。 タイ国内で起きたスーパー日本食ブーム 90年代後半にはタイ資本の日本食食べ放題店がヒット。これを機にタイ人客が急増した第2次...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
タイ国内で販売されている栄養ドリンクまとめ