アングル
角度を変えてタイからアジアを覗く

タイ人直伝!タイの屋台の基礎知識 「クイティアオ・イェンターフォー 紅腐乳麺」 種類と注文の仕方

連載でお伝えしているタイの屋台企画シリーズは、いよいよ今回の「イェンターフォー 紅腐乳麺」が最後。こちらもあまり日本には馴染みの薄いクイティアオ。でも美味しいんですよ。是非、ご賞味ください!

イェンターフォーは、鶏か豚骨スープのお店にしかありません。魚のつみれが入っただけの麺に見えますが、中華料理で使われる紅腐乳という豆腐の発酵食品がスープに溶かしてあるのが特徴です。スープが赤っぽくなるので、外国人に「ピンク麺」とよく言われています。

スープと具材

透明で赤っぽいスープを、タイ人はよく魚介トムヤムスープとして食べています。だから、イカや海老つみれなどが入っているのです。必ず入るのは揚げたワンタン皮、血の固めたもの、魚つみれ、揚げた豆腐、揚げた魚の皮など。野菜なら、空芯菜が必要です。

紅腐乳を使ったこのイェンターフォーがいつからクイティアオの仲間となったのかは、はっきりとはしません。ただ、中華料理の中でも、もともと味の薄かったものが、タイ人の口には合わないということで、紅腐乳を加えて味をもっと濃くさせたというのが起源のようです。
3

おススメの一品と注文の仕方

今回、ご紹介しました紅腐乳麺。おススメの一品は、ズバリ「紅腐乳太麺」。これで行きましょう!

タイ語では、เส้นใหญ่เย็นตาโฟと表記し、カタカナ書きにすると「センヤイ・イェンターフォー」となります。さあ、さっそく注文してみてくださいね。

タイと言えば屋台、屋台と言えばタイというほどに馴染みの深い屋台文化。街には星の数ほどの無数の屋台がひしめき合い、人々の食欲を満たしてくれている。種類も多岐にわたり、麺、おかずかけご飯、揚げ物、シーフード、菓子など…。その迫力や豊富さには、しばし圧倒されるほど。新企画「タイ人直伝!タイの屋台の基礎知識」では、anngleの若きタイ人ライターが屋台料理の隠れた魅力、種類、注文の仕方、イチ押しの店などを連載で一挙ご紹介!これだけあれば、もう貴方も、タイの屋台通に!(取材・文:プーたろう)

記事が気に入ったら
いいね ! よろしく

Twitter で