\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

10年もの国債利回りの各国比較。えっ?日本がトップ? 「数字で見るタイ事情」その2

かつては戦費確保のためなどに発行されていたこともある「国債」。現在では国家への投資という側面が強く、比較的安定した金融商品として取り引きが行われている。このため、国家への信用を背景に原則として利回りは低いはずなのだが、時の社会動静や経済状態が色濃く反映されることから、発行する国の銘柄ごとに数値には大きな差がある。

10年もの国債の最近の利回りを比較したのが次の一覧図(12月17日現在)。世界の主要21カ国を抽出した。驚くなかれ、我が日本がダントツのトップに。

governmentbonds

通常、利回りが低いということは、債務不履行(デフォルト)に陥る可能性が低い、骨太の経済体質であることを意味する。「えっ?日本って、まだそんなに信用があるの?」と思われる方も多いかもしれない。少子化に高齢化、市場は縮小の一途で、プラスの材料に乏しいとされる日本経済。「一体、なぜ?」

国の「信用度」を測る重要なモノサシとして、民間の格付け会社による「格付け」がある。アメリカに本社のあるムーディーズとスタンダード&プアーズ、それに、フランスに持ち株会社があるフィッチの3社が特に有名。このうちのスタンダード&プアーズの最新の格付けを上記一覧図に加えてみた。

見事に、利回りランキング上位に格付けの高い国々が集まった。一般的に、投資奨励対象とされるのはBBB-以上。それを下回ると、投機商品とみなされ、リスクは一気に高まる。2011年の欧州経済危機では、ギリシアなどが軒並み最下位ランキングに位置づけられた。

ところが、利回りが低いからといっても、直ちにデフォルトの危険が少ないことにつながらないというのが、最近の国際経済。さまざまな事情が絡み合い、教科書的な理解がそのままでは通じないほど複雑怪奇な現象が続いている。

例えば、経済が好調のタイ。格付けは意外と低いBBB+だが、一つ上のAランクを伺う勢いで方向性は「安定的」。何よりも豪州や韓国と同様に、3%台の運用利回りは投資に関心のない人でも魅力的に映る。

一方の、AA-ながら「ネガティブ」とされ、降格の懸念が常に付きまとう日本。国債の利回りは抽出国中最低のわずか0.7%。だが、数字の割に「安定性」を体感できないところに少なからぬ不安が残る。そもそも、10年もので利回りが1%にも満たないところに、世界のマネーは集まろうはずがない。

結局のところ、日本経済がどう進んでいくのか、状況を見定めていくしかないのが実情のようだが、安心材料が乏しいことが不安に不安を重ねている。

さまざまな統計データを元に、タイと日本、タイと世界を比較するコーナーを新たに設けました。題して「数字で見るタイ事情」。ビジネスや経済ネタだけに限らず、タイ社会のちょっとした話題を提供します。不定期掲載。

オススメ記事
最近のタイ人は日本のどこの地域に興味を持っているのか?... 中国人観光客のバク買いブームは一段落したものの、地方は引き続きインバウンドブームのまっただ中。先日もバンコクで恒例の旅行博「TITF(BANGKOK INTERNTIONAL TRAVEL FEAR)」が開催され、日本や海外旅行に興味を持った大勢のタイ人が「ク...
タイの菜食週間キンジェーは今週末がピーク。黄色い「齋」の旗が目印!... 太陰暦の9月1日から9日間に渡って毎年行われるタイの「菜食週間(キンジェー)」。古くは中国の風習だったが、今ではすっかりとタイの風物詩となって親しまれており、これ目当てでタイを訪れる観光客もいるほど。今年もまた、キンジェーの季節が到来した。 暦の関係で1...
それでも日系飲食店がバンコクに進出する理由 海外で生活をする際、いろいろと障壁になるものはあると思いますが、そのうちの一つとして「食」が挙げられると思います。特に日本食はどこの国でも食べられるわけではないので、「味噌汁がないと生きていけない」という人には辛い国もあるかもしれません。 世界で3番目に...
バンコク最大のワインイベント始まる-世界の名産地から150種が出展-... バンコク最大のワインイベントが、Sukhumvit soi39の「X wine Z」で27日から始まった。「ワイン・フェスティバル」と名付けられた、このイベント。フランス、イタリア、チリ、アルゼンチン、米カリフォルニア、オーストラリアなど世界の名産地から計約1...
メディア
よく見られてる一本
とかげと宝くじ
金の神様コンニチワ!?超巨大ミズオオトカゲ侵入の家の住居番号に宝くじが殺到!