タイの男性は18歳になると徴兵検査を受ける義務があり、検査合格者からくじ引きによって実際に徴兵される者が選ばれる。毎年4月になるとタイの国防省が各地でくじ引き抽選会を行い、その様子は地元のニュース番組でも放送もされている。

抽選方法は”黒票”をとったものは徴兵免除、”赤票”は徴兵確定。軍の配属先もすべては本人の運次第・・・そんな運命をも変えるタイの徴兵制度の中でちょっとした話題が起きている。

不運にも赤票をとった超肥満男性

バンコク大学を中退した22歳のタイ人男性サラウッド・セェーヘン(ベンツ君)は、今年4月に行われた抽選会で運悪く赤票を引いてしまった。

彼は軍隊としてタイのガンチャナブリー県への配属が決まったが、以前から持病(アレルギー性のぜん息)を抱えていたため、軍は免除対象にする手続きを進めていた。しかし、一人の先輩隊員が「俺もぜん息をもっていたけど治ったから大丈夫」などと軍関係者の前でアドバイスをしたため、最終的にそれが決め手となり入隊することになってしまった。

一時は入隊を免れたが結局は入隊が決まってしまったベンツ君。そのストレスが生じて暴飲暴食を繰り返し、入隊日はトレーニング用のTシャツ(XXL)がまともに着れない状態で、抽選時に80キロだった体重は105キロにもなっていた。

そして、遂に過酷なトレーニングが始まった・・・

入隊3ヶ月で体重激減!イケメンになってSNSで話題に

軍によるトレーニングが始まり数日後、彼にちょっとした変化が起こった。

入隊時に105キロだった体重は7日間で100キロに減少。持病のぜん息も完治して発作症状も全く起きなくなっていた。それからさらに3ヶ月・・・100キロの体重は68キロになり、以前より健康でたくましい体に生まれ変わっていた。

友人との撮影

友人との撮影

30キロ以上の減量に成功し、体調も良くなったベンツ君はこれまでの実体験をタイの掲示板サイト「Pantip」に書き込んだ・・・数時間後、彼が立てたスレッドは「肥満男が軍でイケメンになった」とソーシャルメディアで瞬く間に拡散。

タイの掲示板サイトで話題

タイの掲示板サイトで話題

トレーニング中のベンツ君

トレーニング中のベンツ君

地元テレビ局も「元肥満のイケメンの軍人」として彼のもとにインタビュー取材が殺到し、彼は「トレーニング期間中はお菓子などの間食を一切取らず、最低限の食事を毎日続け、とにかくトレーニングに没頭していただけ」と語っている。

セルフィーショットを撮るベンツ君

セルフィーショットを撮るベンツ君

かなりのナルシストに

かなりのナルシストに

今回の彼の話題でタイの徴兵制度のイメージが少しだけプラスのものに変わったのかもしれない。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう