\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

象牙など密猟と密輸の現状を示す「犯罪スコアカード」。来年タイで開催のワシントン条約会議を前に

Last updated:

2013年3月にタイで開催されるワシントン条約(絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約=CITES)の国際会議を前に、世界最大規模の自然環境保護団体「世界自然保護基金」(World Wide Fund for Nature=WWF)が作成した象牙など密猟と密輸の現状を示す「野生生物犯罪スコアカード」が話題になっている。

ゾウ、サイ、トラの生息国と、象牙、犀角(サイの角)、虎骨の中間取引国、最終消費国の計23カ国の現状をまとめたのが下記の一覧表。緑色が改善が見られた国、黄色が不十分な国、赤色が野放しの状態が続いている国を表している。

Woldlife_crime scorecard

ワシントン条約は、絶滅が危ぶまれる野生動植物の国際的な取引を規制することで、これらの動植物の保護を図ることを目的とした国際条約。生体だけでなく、象牙や犀角なども対象とする。1973年に採択。日本は1980年に締約国となった。

WWFによると、象牙を採取する目的で殺害されるゾウは世界中で年間1万2000頭。中でも中央アフリカ諸国に生息するマルミミゾウは危機的なレベルにまで数が減っており、1回の密猟で数百頭ものゾウが今もなお命を奪われている。

一方、象牙の最大の最終消費地として槍玉に挙げられたのがタイと中国。タイでは出所不明の取引を禁止する法的な仕組みがなく、違法取引で得られた象牙を使って作られた装飾品などが公然と旅行客らに販売されている。中国でも違法取引の象牙が合法的な取引に紛れて流通しているという。

Page1

象牙だけでなく、犀角や虎骨も同様。東南アジアからはベトナムが最低の評価を受けた。ベトナム人の外交官が不法に犀角を所持していたとして南アフリカで身柄を拘束される事件もあった。

WWFでは、来年、タイでワシントン条約会議が開催されることから、タイ政府をはじめ東南アジア諸国に法的な整備と取り締まりを強化するよう求めることにしている。

こちらの記事どうぞ
エメラルドブルーの広い海 パタヤ・ラン島を訪ねた どこまでも高く、蒼い空。澄みきったエメラルドブルーの広い海。バンコクから南南東に100キロ超。パタヤ特別市沖に浮かぶラン島をこのほど訪ねた。パタヤ・ウォーキングストリート外れの船着き場から出発する定期船。沖合に突き出た桟橋は幅員5メートルと狭く、船まで荷物を運...
洪水の次は干ばつ!?東部工業団地の貯水池で大規模干ばつの兆候... 昨年の洪水被害から間もなく1年。タイ政府はチャオプラヤ川上流のダムの放水を前倒しするなど防水対策を継続しており、現在のところ昨年のような大洪水が発生するとの危険性は高まっていない。 ところが、ここに来て新興の工業団地が立ち並ぶタイ東部では深刻な「水不足」...
タイの人々の暮らし 第2回 タイの業種別平均賃金... 毎週金曜日にお届けする新企画「タイの人々の暮らし」。前回はタイの一般家庭の所得と支出を紹介した。では、業種ごとにどれほどの格差、開きがあるのか、をまとめたのが今回。「へえ!意外にこの業種の給料が高いんだ!」。思わずびっくりのデータもあって、なかなか興味深い。 ...
新南ラオス紀行【第4回】-中州の村へ- どこまでも澄み渡る青い空。透き通る空気。メコン川沿いの船着き場には、早朝から渡し船やガイドを求めるタイ人や欧米人の観光客らが詰めかけていた。 これ以上はないという観光日和。水面では、水遊びに興じる子供たち。修理のためか、中州の村から運んできたと見られるス...
よく見られてる一本
チェンマイで「なーんにもしない」をする場所 – Valley Cafe