アングル
角度を変えてタイからアジアを覗く

バンコクから1時間!ナコンパトム&ナコンチェイシー

世界最大級の仏塔がそびえ建つタイのナコンパトム バンコク近郊の見どころは行きつくしてしまった方に朗報!ビクトリーモニュメントからロットゥーでたった1時間のところにナコンパトムはあります。こちらはインドシナで初めて仏教が伝来した土地と言われており、世界最大規模の仏塔がそびえ建っています。…
続きを読む...

タイのオフィス街で日本のたこ焼き屋!アソークの「金のたこ」

バンコクのビジネス街に飛び交う威勢のいい日本語・・・ スクムビット21(ソイ・アソーク)といえばビルが立ち並ぶオフィス街。その一角に日本のたこ焼き屋台を見つけました。 店員の方も日本語で「らっしゃいらっしゃーい!」と威勢良く声を上げています。思わず「なぜここでたこ焼き屋をされているのですか?」と声をかけてみました。すると店員さんがおっしゃるには、シーロムに本店がある「金のたこ」がトライアル的にこちらでも屋台を始めてみたとのことです。…
続きを読む...

駐妻御用達の激安ネイルサロン「ゲーガイ」体験レポ

スクムビット39をまっすぐ歩いて3分もしないうちに右手に現れるローカルな美容院「ゲーガイ」。こちらではジェルネイルを激安価格で提供していて腕も確かということで、日本人駐妻の間では昔から有名な人気店です。 店に入ると一階はヘアサロンとなっており、こちらはガラガラ… すぐに整理券を渡されます。なぜかCDケースに入っていますが手ごろだったのでしょう。 そして二階へ案内されます。…
続きを読む...

スクムビット周辺の現代アートギャラリー3選

マムアンちゃんで有名なタム君が日本で個展をしたり、タイのバンドがサマーソニックに出演したりと何かと注目を浴びているタイカルチャー。今回はそんなタイアーティストの作品と出会えるスクムビット周辺のアートギャラリーをご紹介します。 HOF ART SPACE まず外せないのはプラカノン駅スクムビット69-71にあるHOF ART SPACE。…
続きを読む...

バンコクの韓国・スクムビットプラザで見つけた日本人バー

バンコクの新大久保!バンコクで韓国焼肉を食べるならここ! バンコクでコリアンタウンといえばスクムビット・ソイ12近くにあるスクムビットプラザという建物が有名。韓国焼き肉を食べるなら日本の適当な店に行くよりもスクムビットプラザの方がレベルが高いという声も。 しかしディープな韓国臭のするこの建物、タイ初心者には入るのになかなか勇気が要ります。意を決して足を踏み入れると、そこはまさにコリアンタウン。新大久保の雰囲気にも近いものがあります。…
続きを読む...

バンコクから1時間ちょっと!シーチャン島でスローライフ

八丈島や沖縄の離島のような雰囲気の島「シーチャン島」 バンコクから車で1時間強、日本人も多く住むシラチャからさらにボートで1時間のところにシーチャン島はあります。 シーチャン島にはなにがあるのかと聞かれると、何もないと答えることになります。しかし、そこにはまるで八丈島や沖縄の離島のようなゆるやかな空気が流れています。…
続きを読む...

カンチャナブリーのミニカオサン通りでまったりしよう

カンチャナブリーと言えば鉄橋やエラワンの滝、タイガーテンプルで有名ですが、今回はカンチャナブリー市内のメナムクウェー通りをご紹介します。 メナムクウェー通りはクウェー河に沿って続くゲストハウス街となっており、バンコクのカオサン通りほどの規模はないものの、バーやマッサージ店、旅行会社、タトゥーの店、スーパーマーケットにコンビニなど観光地に必ずあるものは一通り揃っています。 バンコクのカオサンロードにはないまったり感…
続きを読む...

バンコク至近ののんびりローカル水上マーケット

バンコク中心部から車で30分ほどのバンナムプン水上マーケットをご案内します。 こちらのマーケット、車で行く方が多いようですが筆者はBTSウドゥン・サック駅からクロントイ船着き場までタクシー、渡し船でチャオプラヤ河を越えて対岸に渡り、そこから20分ほどてくてく歩いてマーケットへ到着しました。 歩くのがしんどい方はモーターサイで15バーツほどです。 こんなのんびりした道を通って行きますが、意外と交通量は多いので注意。 …
続きを読む...

人気の絶えないタイ最大級のローカルマーケット最新レポ!

旅行客にもタイ人にも根強い人気の巨大マーケット タイのチャトチャックのウィークエンドマーケットと言えば、バンコク観光客が必ず訪れると言っても過言ではない目玉スポット。設立から30年以上経った今もその熱気はとどまることを知らず、むしろ増していく一方ですが、今回はそんなチャトチャックの新しい楽しみ方をご紹介します。…
続きを読む...

コンビニ天国!バンコクのローソン108で遊んでみる

バンコクを歩けば必ず目にするコンビニエンスストア。今回はその中から筆者の働くオフィスビルの1階にあるローソン108についてリポートします! 108という数字には煩悩の数のみならず、「全て」という意味があるそうです。確かにその名に劣らずローソン108は日本人にとっても、かなり充実しています。 充実した商品ラインナップ…
続きを読む...