\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

エメラルドブルーの広い海 パタヤ・ラン島を訪ねた

Last updated:

どこまでも高く、蒼い空。澄みきったエメラルドブルーの広い海。バンコクから南南東に100キロ超。パタヤ特別市沖に浮かぶラン島をこのほど訪ねた。パタヤ・ウォーキングストリート外れの船着き場から出発する定期船。沖合に突き出た桟橋は幅員5メートルと狭く、船まで荷物を運ぶ車やバイク、乗船する乗客らでごった返している。

乗船口で待ちかまえている船員に30バーツを払い、船内へ。2階建ての造りは、湖などで見られるような遊覧船そのもの。午前中の便だったこともあって、観光客、地元の労働者ら多くの人で賑わっている。総勢200人といったところか。

船は海に浮かぶ水上レストラン脇を通ると、沖合を目指し順調に航行。しばらく進むと左右に小さな小島が見えた。40分は経ったろうか。眼前にラン島の山々が広がってきた。

思った以上に起伏に富んだ島。あまり開発が進んでいないとみえ、ビーチのところどころにトタン張りの低い土産店などが見えるほかは、いくつかの山々の中腹に観光ホテルが建つだけ。もっとも、その観光ホテル。1泊数万バーツと目の飛び出るような値段の部屋もあるとか。

ラン島の桟橋は、最大のビーチから500メートルほど離れた場所にこぢんまりとあった。一斉に船を下りる乗客たち。目指すビーチまでは、もうすぐ。自然と早足に。

浜辺のパラソル、そして林立する土産店、飲食店は日本でいう、まさに海の家。ビーチに並ぶパラソルと椅子は形状、位置などから値段が異なり、最も安価なもので4時間一人30バーツ。ちょっとしたテーブルもあり、ここで飲食も可能だ。

浜辺に立ってみた。爽やかな風が心地よい。日射しは強いが、足下の砂はあまり熱を持っていない。すくってみると、サラサラと両手の隙間からこぼれ落ちるほど。貝や珊瑚が細かく砕けた砂。柔らかな明るい茶褐色をしている。

遠浅の浜辺。あちらこちらで、思い思いに観光客らが波の間を漂っている。穏やかな波。透き通るような碧い水。都会の喧噪を忘れるには余りあるほどだった。

午後4時。一斉に観光客らは桟橋を目指す。名残惜しそうに、デッキに立つ乗客たち。船は再び40分の航路を経て、パタヤの桟橋に着いた。

【メモ】
バンコクからパタヤへはバスが便利。BTSエカマイ駅近くのバスターミナルから、ほぼ30分おきに大型バスが発車。片道113バーツ。パタヤのバスターミナルに到着、ピックアップトラックを改良した「ソンテウ」に乗り換え、15分でパタヤ市街地に着く。一人20~100バーツ(乗車する客数により値段が異なる)。もしくは、バンコク・戦勝記念塔近くのマイクロバス乗り場から向かう方法もある。こちらは100バーツ。パタヤ市街地まで直行。市街地のホテルは800~4000バーツとさまざま。

こちらの記事どうぞ
15年前は5万バーツもしたタイの携帯。懐かしい、あのメーカー名も!... スマートフォン普及率が日本よりも高く、携帯電話が大人気のタイ。スカイトレインBTS(高架鉄道)や地下鉄MRTにひとたび乗れば、あちらこちらで携帯画面に触れる姿を目にすることができる。 端末機器の価格が大幅に下がり、数千バーツ台~2万バーツ台(2万...
日本の「マルハン」出資の在カンボジア銀行がミャンマーに店舗開設へ!... 日本のパチンコチェーン「マルハン」の出資で、カンボジアの首都プノンペンで商業展開する「マルハンジャパン銀行」が、年内にもミャンマー最大の都市ヤンゴンに一般顧客向けに店舗を構える計画であることが分かった。関係筋が明らかにした。マルハン側もすでに駐在員事務所開設に...
AECって言うけれど…。金融機関の与信残高を見る。「数字で見るタイ事情」その14... 海外から投資を行う際、全額を内部留保で賄える企業は、そう多くはない。銀行など金融機関からの融資を受けるケースがほとんどで、タイをはじめ東南アジアでも例外ではない。そこで注目されるのが、こうした民間金融機関が設定する与信枠。回収ができなくなることを想定して、あら...
タイの人々の暮らし 第5回 飲食産業の規模推移と平均的物価... ごく一般的なタイ人家庭の様子を紹介する新企画「タイの人々の暮らし」。今回からは、衣食住などジャンルごとに細かく見ていくことにする。初めは、最も関心の高い「食」。タイにおける食品の流通規模はどのくらいで、一般的な食品の価格(物価)はどれくらいなのかをまとめてみた...
よく見られてる一本
死傷者が出てしまった2013年反政府デモ
デモ隊がタクシン派と衝突!タイ反政府デモここ数日間の動き