\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイ進出を目指す中小企業支援コーディネーター、千田多美重さん

共同で事業を営む千田さん(右)とピンさん
Last updated:

誇れるニッポンの技術

海外でも通用するような高い技術力を持った会社が、やる気のある技術者が、日本にはまだまだたくさんいるのに、何から始めていいのか分からないだけで、せっかくのチャンスを失っている。とても、もったいないことです」

そう語るのは、主に日本の中小企業を相手にコーディネート業務を展開する千田多美重さん(最上部写真右)。「ピンポイントアジアコンサルティングジャパン」の代表。日本とタイを拠点に忙しい日々を送る。

これまでいくつかの中小企業経営者や技術者と接し、彼らの海外進出を支えてきた。大手資本とは異なり、海外に出ることを「何かギャンブルのように感じている」中小企業経営者たち。「商品開発は孤独」という気持ちがわかるだけに、そっと背中を押してあげたいと思う。

自信を持ってタイに出て行ってほしい。だから、現地の声のフィードバックも忘れない。「タイの人々が、貴方の会社のこの製品が良いと言っていますよ」。きめ細かいサポートを心がけている。

海外に進出してほしい日本の中小企業

大手企業に比べて情報発信力で劣る中小企業。タイの現地企業とアクセスすることもままならない。タイ人消費者層の消費動向もどうつかんだらいいかも分からない。

経済成長が続くタイの消費は旺盛だ。毎月のように新たな商業施設が誕生し、各地でイベントやプロモーションが開かれている。「こうした場と日本の中小企業を何とか結びつけたい」と千田さんは考えている。

「OEMの経験しかなく、製品作りはできても、商品作りはできないという中小企業が意外とある。こうした企業にこそ、タイに進出してもらいたい」

タイを拠点とするが、タイ1カ国だけにもとらわれない。周辺諸国の消費動向、経済情勢なども調査・情報収集の対象。国と国との比較情報は説得力にも富む。近く、インドとマレーシアにも出張の予定だ。

「ウマが合った」パートナーとの出会い

日本の大学にも進学したことのあるタイ人女性ピンさん(最上部写真左)がパートナー。昨年暮れの洪水ボランティアで知り合った。日本語、英語にも堪能なピンさん。「自然とウマが合った」

「使う」「使われる」ではない対等のパートナー。進出企業にありがちな「雇用・被雇用」の関係ではない新しい事業スタイルを目指す。日系企業に対する千田さんのプレゼン力、タイにおけるピンさんのネットワーク力が重なり合って、はじめて高いシナジーが発揮できると信じている。

社名の「ピンポイント」には、「専門的」あるいは「プロフェッショナル」という思いを込めた。「表面をなぞっただけの情報をクライアントは求めていない。より照準を合わせたピンポイントの情報を提供するのが私たちの使命」と力を込める。

「今度は息子を仕事に連れて行こうかな」

23歳と20歳の2人の息子の母親でもある。長男は大学進学後に渡航し、現在はアメリカの独立リーグなどで好きな野球を続けている。近くオーストラリアも渡る予定だ。

一方の次男は「文化系のビジネスマン向き」。母親の仕事については「見向きもしないと思っていたが」、先日どこで調べてきたのか食卓で「マーケティング」について語り出した。

「私そういう仕事をしているのよ」と千田さん。思わず目と目が合った。その後、タイには1度だけ遊びに来たことがある。「面白い」と話していた笑顔が印象的だった。

「今度は息子をインドにでも連れて行こうかな」。温和な表情でそう語る千田さんだったが、次の瞬間にはもう、プロのコーディネーターの顔に戻っていた。

タイで生活する日本人は最新の2012年統計で約5万人。企業などの駐在員や永住者、その家族などが多くを占め、滞在する男性の多くが仕事を持って暮らしている。女性についてはビザの関係から就労が難しいと一般的に理解されているが、実は、働く女性は決して少なくない。新企画「タイで働く女性たち」では、タイで仕事に就き、活躍する女性たちを追う。

こちらの記事どうぞ
「物件オーナーとも知り合えて勉強の毎日!」不動産仲介業、飛騨晶子さん... バンコク生まれ。就職で再びタイへ 父の転勤に伴って父母姉が一家で赴任中、バンコクの病院で生まれた。日本の土を初めて踏んだのは小学校に進む直前、5歳8ヶ月になるときのことだった。 当時はまだ、高架鉄道BTS(スカイトレイン)や百貨店のエンポリアムさえなか...
「心と身体のバランスを取り戻そう!」。ヒーリング治療の効果を紹介するマッサージ店経営、江波佳奈さん... 「このままでは、二度と踊ることができなくなる」 子供のころから身体を動かすことが好きだった。小学4年生の時にはバレエ、中学生になるとイベントの舞台でダンスを披露したことも。高校時代にはミュージカルスクールにも所属した。 大学に進学し、故郷の和歌山県から...
「将来はアフリカで無料の医療サービスも!」 バンコクで薬局を経営する青年店長 飯田直樹氏インタビュー... 2012年5月5日。タイ・バンコクの繁華街にある雑居ビルに1軒の薬局がオープンした。日本人常駐薬局。「日本語でご相談下さい」とある看板の奥を訪ねると、坊主頭の一人の店長が現れた。飯田直樹氏。昨年、日本の大学を卒業したばかりの弱冠24歳。薬局を経営する事業会社の...
将来はタイ語通訳に!現在はレンタルオフィスで修行中の山本つかささん... 「あんなに一つのことに打ち込んだのは初めて」 タイで暮らすようになって間もなく1年。日常生活や社内での会話はほぼ問題なく、難解なタイ文字もどうにか読み解けるようになった。現在も就業後や休日を活用して、語学の勉強を続けている。 2012年4月から5ヶ月間...
メディア
よく見られてる一本
7年間伸ばし続けた爪
好きで爪を7年間伸ばし続けた男性、生涯伸ばし続けることを明言