「“働くこと”を一から伝えていく」ミャンマーで唯一の日系人材紹介会社

パーソネルコンサルタント 小田原靖氏

ヤンゴン日本人商工会議所の会員企業数が今年5月、1996年11月の発足より初めて100社を突破した。今後も日系企業の進出が続くと予想される中、タイの大手日系人材紹介会社パーソネルコンサルタントマンパワータイランド株式会社もミャンマーに進出した。ミャンマーの人材事情とは。同社代表取締役社長・小田原 靖氏に話を聞いた。

ミャンマー進出に至った経緯について

知人などからミャンマーの状況や情報など、いろいろと耳にする機会が増え、実際に注目し始めたのは去年の初めぐらいです。ミャンマーで人材紹介会社の運営を開始したのは今年の2月になりますが、今回の進出について、ミャンマーの現地法人・サネイインターナショナル社という、とても良いパートナー企業が見つかったということが大きいですね。

西垣 充氏が代表を務める1998年に起業した現地法人で、長年ミャンマーで培った独自の人脈とノウハウで、会社登記から会社運営まで、ミャンマー特有の商習慣にも対応しています。

そして今回、同社の子会社となるジェイサットジェネラルサービス社にて人材紹介事業に携わることになりました。

ジェイサットジェネラルサービス社が入居するヤンゴンのサクラビル
ジェイサットジェネラルサービス社が入居するヤンゴンのサクラビル

ミャンマーの人材事情とは

今まではミャンマーで人材を探すとしても私たちのような人材紹介会社はなく、募集広告を出すなど企業が独自に採用活動を行わなければなりませんでした。2月の立ち上げから既に50社以上に利用いただいており、現在、月平均10~15人ほどの割合で人材を紹介しています。

現在は、商社の現地法人立ち上げが多くなっているので、通訳や秘書スタッフの紹介がほとんどです。

ジェイサットジェネラルサービス社
ジェイサットジェネラルサービス社のロゴマーク

専門職や技術者などの紹介はこれからになってくると思います。また、ミャンマー人の対日感情は悪くなく、大学で日本語を専攻している人も多くいます。タイよりも日本語スキルを持った人材を探すことは簡単かもしれません。

ただ、今まで農業が主な産業だったミャンマーでは、会社で働くということが一般的なものではありませんでした。そのため、「会社とは」、「仕事とは」、「働くとは」といった概念を一つずつ教えていくことが重要だと感じています。

ミャンマー進出を考えている企業人にメッセージを

ビルやコンドミニアム、道路や工場など新しいものがどんどん増え、ミャンマーは日に日に発展しています。ミャンマーの人たちもそれを喜んでいます。ミャンマー人は真面目で遠慮深い性格を持った民族なので、日本人との相性も良いと思います。

土壌は整いつつあります。進出にあたって、まずは良いパートナーを見つけることが重要です。進出を考えている企業の方はぜひ、ご相談ください。しっかりサポートさせていただきます。

パーソネルコンサルタント会社情報:
PERSONNEL CONSULTANT MANPOWER(THAILAND) CO., LTD.
02-260-8454
L, UL Fl, Interchange 21 Bldg,
399 Sukhumvit Rd, Klontoey Nua, Wattana, Bangkok 10110
http://personnelconsultant.co.th/

© 2019 ANNGLE(THAILAND)Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll To Top