ANNGLE公式グッズストアオープン!

元泰国三菱商事社長、元盤谷日本人商工会議所会頭 有川武俊氏単独インタビュー

日系企業の課題は何ですか?

今、日本の中小企業がこぞってタイに進出しようとしている背景には、日本産業界の空洞化があるからにほかならないと思います。県知事が企業を連れて次々と来るのはその現れでしょう。その意味で、一種のブームと言っても良いかもしれません。

ただ、多いのが、とにかく来るだけ来る。物を売りに来るのか、物を作るのか、投資するのか、技術を移転するのか分からない。目的を決めてから来てほしいと、セミナーでも話しているのですが伝わらない。何かをやりたいから来るのではなく、来ないと遅れてしまうという焦燥感があるのでは。それから、何をするにしても、まずお金と人手が要ることを考えない。「え、お金がかかるんですか?」という感じです。他人の国に来ているという感覚が乏しいことは残念なことです。

タイ人にどういう仕事をしてもらうか。教育の問題も大切です。残念ですが、この意識が欠けているようにも思われてなりません。私が相談を受けている中小企業から来られる方々は、工場長クラスが多いのですが、じっと見ていられない。自分でやったほうが早いと。教育が必要ということは頭で分かっても、教育させるのになぜ金払うんだという感覚のまま。仕事を教えることの重要性がなかなか理解できない。結局、そのほうが会社のプラスになるのですが、分からない。

単純作業をさせるばかりではなく、一定の技術を伴う仕事、一定の判断を伴う仕事を通じてタイの人のモチベーションを高めることも必要です。タイ人従業員をタイ国内に置いておくばかりではなく、日本にも派遣するなど人の交流・移動も大切でしょう。自分がこの会社の、どのポジションにいるのかということが分かってくると、やる気も出てくる。

これからは進出する中小企業も、自分たちで全部やるのではなくて、タイ人をうまく活用できる、タイ人にも高いモチベーションをいかに持って働いてもらうかという土壌作りが必要ですね。タイ人の中からも技術者やマネージャーが育ってくるように。

タイ人従業員との接し方も大切です。タイ人従業員の中をよく回ることが必要。監視ということではなく、見られているという関係が大事。彼らは、正当な判断を欲しがっています。公平に扱ってほしいと。良い人材を育てるためには、彼らを常に見ていると言う意識が大切だと思います。当たっているかは分かりませんが中小企業の経営者の方は技術系の方が多く、そういう所が不得手のようにも見えます。教育に必要なもう一つのキーワードは我慢です。促成栽培ではできません。

ANNGLE STORE
タイでウケるTシャツ
タイ語Tシャツ(パクチーなしで)
¥ 2,580