\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

「出会い」タイで見つけた相棒トンロー横丁 佐藤貴哉

Last updated:

波乱万丈。その四字熟語がこれほど似合う男も珍しい。佐藤貴哉(さとう・たかや)。バンコクでお好み焼き店ほか飲食店を複数経営する31歳。26歳の時に単身海を渡った。南国タイで成功を夢見ながら数々の挫折を繰り返し、ついに「相棒」を見つけた若き男の半生を描く。(敬称略)

基地の街で育った少年

北海道の東部、牡蠣で有名な厚岸町で生まれた。育ったのは北海道の玄関口・新千歳空港に近い恵庭市。あまり知られていないが、恵庭は総面積9600haにも及ぶ陸上自衛隊北海道大演習場を抱える基地の街でもある。

子供のころから基地に慣れ親しんだ少年は、高校卒業と同時に陸上自衛隊に入隊。南恵庭駐屯地で勤務に就いた。1999年、18歳の時だった。

訓練が特段、きついとは思わなかった。ただ、何のためにそれをしているのかは、よく分からなかった。2年3ヶ月が経った時、除隊を決めた。階級は陸士長に上がっていた。

憧れだった屋久島へ

自衛隊を除隊した翌日から日本一周の旅に出た。高校時代からの憧れだった「南の海」を肌で感じてみたかった。鹿児島市の沖合に浮かぶ屋久島が最初の渡航先だった。

「小さな島なのに滝がたくさんある」というのが第一印象だった。地元の人から「この水、飲めるんだよ」と聞かされ、さらに驚いた。滝壺に飛び込み、泳ぎながら清水を飲んだ。透き通るような優しい水。初めての体験だった。

屋久島では海でも泳いだ。どこまでも水平線が続く碧い海。北海道では見たことのない海の色だった。海で泳ぐという習慣がほとんどない北海道。砂浜で火を炊き、暖をとることも、ここではなかった。

「北海道だけで育った自分は小さな存在だった」

さらに南、沖縄に渡ったのは、それから間もなく。沖縄本島から宮古島に渡り、日本最西端にも近い西表島にも足を伸ばした。

西表島ではホテルマンとして、宮古島ではゲストハウスのスタッフとして住み込みで働いた。朝食の用意からシーツの取り替え、フロント業務などすべてをこなした。初めての経験だったが、見よう見まねで何とかなった。

沖縄で多くの人と知り合った。冬になると深い雪で閉ざされる北海道しか知らなかった自分。何もかもが新鮮で驚きだった。自己の存在がいかに小さなものであるのかを、ここで知った。

試行錯誤。そして、バンコクへ

北海道にいったん帰り、その後の人生を考えた。紹介で市役所に勤めたこともあったが、長くは続かなかった。「野菜のソムリエ」になりたいと、カボチャにはまった時期もあった。

だが、何がしたいかの結論は、簡単には出なかった。「食」への関心が強まり栄養士になろうと思ったこともあったが、どういうわけか通ったのは調理師学校だった。

「バンコクに行ってみないか」と声がかかった時、26歳になっていた。東京・池袋でラーメンチェーン「ばんから」を展開するオーナーからの誘いだった。一も二もなく飛びついた。迷いなどなかった。

こちらの記事どうぞ
「まるで部活!」タイで初めての飲食業にチャレンジする髙木奈月さん... 汗拭く暇なく、なりふり構わず働く私 中学校時代のバレーボール部での生活を思い出さずにはいられなかった。1階の厨房から3階の客席まで何度も往復するさまは、まるで階段を上り下りするダッシュのよう。注文を大きな声で何度も復唱し、シェフに伝えるのは、さながら監督から...
日本人の飲食店開業をサポートしたいと瞳を輝かせる浪速っ娘、近藤かおりさん... 「え、あのラーメン店の女将、落とせたのか?」 「私、タイ来てまだ少ししか仕事してへんのに、そんなに褒められたら恥ずかしいですよ。たまたまタイで、専門的に食の販促を仕事にしている人が少なかっただけのことと違いますか?」 はっきりとした口調ながらも、生粋の...
バンコクを中心に音楽活動を展開する”DJ TO-RU”... タイ国内問わず、過去にベトナムやマレーシアでも活動展開している日本人DJ、DJ TO-RU(ディージェー・トール)。2009年の来タイからこれまで様々なイベントで経験したアジア活動での3年についてインタビューした。 タイ・バンコクを活動拠点に選んだ理由は? ...
タイ人高校生とfacebookで交流を続ける日本語教師、大村悦子さん... 「教え子」たちと10数年ぶりの再会! タイ東北部、カンボジア国境の街スリン県スリン市にある公立シリントン学校(中高一貫)で日本語を教える大村悦子さんは、最近、相次いでかつての「教え子」との再会を果たした。 一人は同じシリントン学校に赴任してきた同僚教師...

1 2

メディア
よく見られてる一本
タイ富豪ラインキング2018
フォーブス誌2018年度版タイの億万長者番付TOP10