\タイ人が日本語で答える"ANNGLE-Q"/
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

Bacchus wine consultancy社長、原宏治氏独占インタビュー

Last updated:

Bacchus wine consultancy Co.,Ltd.(バッカス・ワイン・コンサルタンシー)の代表、原宏治氏(Koji Hara)は、ソムリエや利き酒師の資格を合わせ持つ「酒の専門家」。数年前にはバンコクで人気のワインレストラン「バッカス」をオープンさせ、一躍、時の人となったことも。今回が3度目のタイ長期滞在となる。経済力の底上げが続くタイで、ワイン文化や日本酒文化の普及に務める熱い男に話を聞いた。

どのようなお仕事をされているのですか?

バンコクにあるレストランやホテルなどにワインや日本酒、焼酎といった酒類を卸しています。当社は2011年8月に設立。その1年前ほどから構想を練り、準備を整えてから事業に乗り出しました。

お陰様で経営は順調です。毎月20%ほど売上も伸びています。会社を設立する前、約2年間、日本のEコマース企業で働いていましたが、そこでモノをできるだけ持たない、ストックの少ない経営というものを学びました。これを実践に反映させています。

レストランなどに商品を納める時、ソムリエや利き酒師の資格があったほうが相手も安心できます。「このワインは、このように保存してください」と申し上げることができれば、お店にとってもプラス。ソムリエの資格は1996年、利き酒師の資格は2010年に取得しました。そのような資格を持った酒類卸はバンコクにはほとんどなく、とても役立っています。

以前、バンコクでワインレストランを経営していたことがあるのですが、そこで培った人脈や信用も大いに力になっています。日本食ブームが続くタイで、たくさんの日系資本が進出されています。そうした大資本と正面から競争しても勝ち目はありません。これまでのノウハウを活かした経営、リスクの少ない堅実な経営を心がけています。

以前、経営されていたレストランというのは?

BTS(スカイトレイン)のプルンチット駅近くに「バッカス」というワインレストランが今もありますが、あのお店は私がプロデュースして立ち上げました。2004年のことです。300平方メートルの広い空間に客席は80席。「ラウンジのようなレストラン」というコンセプトがヒットしました。

売り上げは最初の半年だけで倍増。タイ人や欧米人にも受け入れられ、連日盛況でした。著名なDJを招いてのイベントもよく開催しました。「食事をしながら、クラブ気分も味わうことのできる店」とメディアに取り上げられたこともあります。

こちらの記事どうぞ
「住みやすいタイ」で愛犬3匹と暮らす耐熱塗料会社勤務、犬竹ともこさん... 「ここ、私に合っているかも…」 生まれは東京下町、向島。隅田川東岸に位置し、江戸時代には数々の料亭が立ち並んだ風光明媚の地。義理人情に厚く、思いやりの心を持ったこの土地が、自分の生まれ故郷。タイの大地に降りて真っ先に感じたのが、「ふるさとに似ている…」という...
“おもてなし精神”をタイの人材業で活かす 須見 智志... 日本式ホスピタリティマインドをもった人材を輩出する –事業内容を教えてください。 日本式ホスピタリティマインドを持った、サービス・IT・日本語通話人材に特化した人材総合サービス(派遣/紹介/教育/店舗チェック)を行なっています。 「どうしてスタッ...
「何もない普通のバー」Anchorのカウンターに立つ太田さちこさん... 「こころ」を大切にしたバー タイ・バンコクに、フリーペーパーやウェブサイトは数あれど、こうした宣伝媒体に一度も広告を出したことがなければ、ただの一度も取材やインタビューを受けたことのない「普通のバー」。それが太田さちこさんが経営する「Anchor」(アンカー...
日タイの“架け橋”・丸山良明ランシットFC監督インタビュー【其の一】... 世界で最も多くの日本人選手がプレーする海外リーグであり、日本での注目度も年々高まっているサッカーのタイリーグ。今年は選手のみならず日本人の監督も次々誕生している。今回はそのなかの一人、ランシットFC・丸山良明監督のインタビューを3回に分けてお届けする――。 ...

1 2 3 4

メディア
よく見られてる一本
タイ人に日本語を教えるコツ
タイの大学で働く日本人が考えるタイ人に日本語を教えるコツ