ANNGLE公式グッズストアオープン!
タイ独自のマーケティング思考
AEC(ASEAN経済共同体)を迎える2015年、多くの外資ブランドやタイローカルブランドが打ち勝つために、タイ人の習慣や考え方を改めて理解する必要があります。なぜかというと、タイ人は各国の人々と違う独自のスタイルを持っているからです。 タイ独自のマーケティング思考、それが「タイランドオンリー」 タイランドオンリーに欠かせない「5S」って何? タイでマーケティングを成功させるために、まずはタイ人の生活習慣や価値観を把握する必要があります。とくにタイ人は「5S」に基いて行動をとる傾向があります。5Sとは、Saduak(サデゥアク) / Sabai(サバーイ) / Sanuk(サヌック) / Smile(スマイル) / Sa-thu (サートゥ)。 つまり、便利・気持ちい・楽しい・笑顔・仏教的アーメン(やったことは自分に返ってくる社会貢献)というもの。 新興国からタイに進出して「世界のマーケティングトレンドはこうだから・・・」、「日本のマーケティングがこうだから・・・」という感覚では、なかなかタイの市場には受け入れられないかもしれません。 近年のタイ人のトレンド思考について 現在、タイ人の消費者(主に若年層)は日本と同様にあまりテレビを見なくなりました。その分、インターネットに時間を費やす人が増えています。そのため広告手段もそれに応じないといけません。 一方的なテレビCMよりインターネットのネイティブ広告に興味を示します。それと平行し、O to O(Offline to Online)と呼ばれる広告の手法が用いられます。テレビCMは極力短めでインパクトを重視、ユーザを惹きつけながら、詳細情報はソーシャルメディアにつなげます。 CMを見て興味を持った人は、すぐさま個人のソーシャルメディアでフォローするという流れです。 消費者は自分のライフスタイルに合わせ、多くのコンテンツを取り入れようとします。そのブランドとのエンゲージメント。常になんらかの繋がりを持ちたいという性質があり、各商品やブランドに対し、それぞれの意見や独創的なアイデアを持っています。 また、最近の若年層は自分の健康維持や日常の環境改善に関するブランドに特に関心を持っているようです。 “タイランドオンリー”に日本独自の「もてなし」が加われば、最強で最高のブランドが創れるのではないかと著者は思う今日この頃です・・・ source:moneychannel... Read More
タイ人は毎月服を買う
COTTON USAの “2014 COTTON USA Global Lifestyle Monitor” が世界10ヶ国でのファッションに関する市場調査を発表しました。 同調査でわかったことまとめ タイでの調査はバンコク、チェンマイ、コーラート、チョンブリー、ハーヤイのエリアを対象に、15歳~55歳男女1000人(収入:15000バーツ~60000バーツ以上のタイ人)を対象に行われました。 ・タイ人消費者は前年比3%ずつ上げて、洋服を買っている。 ・2020年まで3%ずつ上がると予想されている ・2014年タイ人の洋服購入総額は2,763,000,000バーツ ・2020年の洋服購入総額は、3,186,000,000バーツと予想されている ・10分の6は洋服を買うのが好き ・58%は最低1ヶ月に1回以上洋服を買う ・63%はセールの時に買うのが好き ・93%は品質のいいものも洋服を買う時に大事な要素 ・57%品質のいいものなら、高く払っても構わない ・10分の8コットンが好き 最近のタイ人は何を参考に服を買うのか? 服を買う主な動機とは? 69%:ソーシャルメディア 57%:サーチエンジン・ウェブサイト 51%:店舗・市場 19%:ハイパーマーケット 15%:オンラインリテーラー 13%:デパート タイ人が購入する服の種類とは? 30%:上着 22%:ズポン 15%:下着 9%:靴下 7%:スポーツウェア 4%:ドレス・スカート 3%:ジャケット・ブラウサー タイ人のジーンズの購入は世界で4位 一人の平均所有枚数 15枚:アメリカ 13枚:コロンビア 12枚:ブラジル 11枚:タイ  ※世界の74%のオフィスワークの男女は週1回はジーンズを履いて会社にいくようです。 タイ独自のソーシャルEC事情 タイではソーシャルメディアだけでバーチャル店舗を設けて、服やアクセサリーを販売するユーザーが多く存在します。つまり、FacebookやInstagramで商品を紹介・販売し、お客さんとの取引きはLINEや電話。そして、支払いは銀行振込。これだけでビジネスが成り立っているということです。 維持費が必要となるEC関係のサービスは極力使わなず、ソーシャルメディアで直接販特徴・・・ やはりタイはまだチャンスがいっぱい転がっている気がします。 source:positioningmag... Read More
2014年度版タイの全体広告費
米大手調査会社ニールセンの発表によると、2014年タイ国内の総広告費は1023.5億バーツで前年比9.5%減とのこと。 2014年度、タイ国内の媒体別広告費 広告媒体全体での比率は落ちているが、交通機関とインターネットでの広告は若干ながら伸びています。 ・地上波テレビ(民放5局):637.8億バーツ(前年比7.9%減) ・ラジオ(FM36局):56.3億バーツ(前年比11%減) ・新聞:131.7億バーツ(前年比13.7%減) ・雑誌:47.2億バーツ(前年比16.8%減) ・映画館:43.5億バーツ(前年比19%減) ・野外:39.9億バーツ(前年比4.3%減) ・交通機関(高架電車など):38.1億バーツ(前年比7.8%増) ・店内:19.6億バーツ(前年比26.1%減) ・インターネット(タイの30サイト):9.5億バーツ(前年比8.3%増) 2014年度、広告出稿企業・団体トップ10 タイ国外の外資企業が目立つ中、日本は唯一トヨタといすゞセールスがランクインしています。 1位:英蘭系消費財大手ユニリーバ:65.7億バーツ 2位:トヨタ自動車:26.3億バーツ 3位:独化粧品大手バイヤスドルフ:19.7億バーツ 4位:アドバンスド・インフォ・サービス(AIS):16億バーツ 5位:トータル・アクセス・コミュニケーション(DTAC):14.5億バーツ 6位:コカ・コーラ:13・9億バーツ 7位:仏化粧品大手ロレアル:13.3億バーツ 8位:プロクター&ギャンブル(P&G):12.3億バーツ 9位:タイ首相府:12.3億バーツ 10位:トリペッチいすゞセールス:11.9億バーツ とくにここ数年は新聞や雑誌などの紙面媒体の需要が大きく減ってきている。物価上昇とともに広告費も毎年上がってきていることが、出稿が減少した要因とも考えられています。 SOURCE:bit.ly/1CdyeDE... Read More
BEAMS THAILAND
日本で人気セレクトショップ「BEAMS」が2015年3月27日、タイのバンコクにオープンします。 期間限定ショップからの本格的なタイ進出 同社は2014年にSiam Paragon(サイアム・パラゴン)で期間限定でテスト店舗を出店、100日間の徹底した市場調査を経て今回の本格的な出店に至った。 タイでの記念すべき1店舗目はバンコク中心部の新商業施設EmQuartier(エムクオーティエ)内、「経済発展がもたらす昨今のタイのライフスタイルに、ビームスが新しいファッションの楽しさを提案する」としている。同店は海外出店は香港、北京、上海、台北に次ぐ5カ所目、フランチャイズとしてタイの小売り大手「ザ・モール・グループ」が運営する事になっている。 BEAMS BANGKOK 場所:1A 09-10, The EmQuartier Shopping Complex, 693 Sukhumvit Road, Klongton Nua, Wattana, Bangkok 10110 Thailand 営業時間:10:00 〜 22:00(不定休) www.beams.co.jp/... Read More
東京メトロがタイ語リーフレット配布
東京メトロは4月11日から、外国人旅行者向けリーフレット「Tokyo Metro Guide(タイ語版)」の配布を開始しました。 ついにタイ語版の配布開始! 東京近郊の電車マップを中心に、沿線のオススメ観光案内を掲載した「Tokyo Metro Guide」。以前から外国人の間で東京観光の必需品とされていたが、これまでは英語版、韓国語、中国語版の3カ国語展開だった。 東京メトロは今年2月に行われたタイの国際旅行博(TITF)にもブースを出店しており率先したマーケティング・広報活動を実施。ソンクラン連休中に合わせてリーフレット制作を進めていた・・・ インターネットでもダウンロード可能 リーフレットは公式サイトからPDFデータとしてダウンロードすることが可能。これらの情報は最近の日本の紹介するタイ語版「anngle th」でも紹介し、フェイスブックでは200人がシェア、約40,000人のユーザーが閲覧した。 タイ語ローカライズの必要性 一部富裕層のタイ人は日本人以上に英語に慣れているが、公用語であるタイ語の存在もやはり軽視できない。当メディアでも度々触れているとおり「英語で大丈夫」「Google翻訳があるからOK」ではなく、今後は伝わるタイ語を明記した広報媒体が重要視されるだろう。 写真:東京メトロFacebookファンページ... Read More
最近のタイのFacebook動向
一時は飽和状態にあるとも言われたタイのFacebookユーザーではあるが実際はどんな状況なのか。今回はタイのマーケティングサイトのデータを参考にここ数年におけるタイのFacebookユーザーの動向をご紹介する。 結局増えているタイのFacebook利用者 タイ全体におけるFacebookの利用者数は2012年から約35%増加し、2015年4月現在の利用者数は3,500万人。利用者の中心はバンコク在住者でタイ全体の70%を占めている。 タイ全体のFacebookユーザー統計 2012年:1,450万人 2013年:1,800万人(24%増) 2014年:2,600万人(44.5%増) 2015年:3,500万人(34.6%増) ※Facebookは2015年4月17日現在 男女比とユーザー属性の特徴 タイはゲイやレズビアンなどの性別ステータスをオープンにする傾向があるため、同姓に興味をもったユーザーが比較的多いところが特徴。 タイでの男性のFacebook利用者は1711万人(2015年4月現在)で、そのうち330万人が未婚者、130万人が既婚者となっている。また、異性に興味を持っているユーザーは330万人で、同姓に興味を持つユーザー(ゲイ)は33万人という結果。 また、女性のFacebook利用者は1714万人で、そのうち350万人が未婚者、140万人が既婚者となっている。異性に興味を持っているユーザーは220万人、同姓に興味を持つユーザー(レズビアン)は66万人という結果。 タイ国内のエリア別ユーザー数(5ヶ所) 下記は地域別のユーザー数の統計。バンコクがチェンライやノンタブリーなどの地方都市と比べて圧倒的に多いことが分かる。 バンコク:2,000万ユーザー チェンマイ:96万ユーザー ナコーンラーチャシーマー:78万ユーザー ノンタブリ:60万ユーザー チョンブリ:54万ユーザー まだまだ軽視できないタイのFacebookユーザー 実際に統計をとってみると2012年から3年間で34.6%も増えている。タイでSNSを用いたウェブマーケティングといえばInstagramが重要視されがちだが、改めてFacebookの利用者を意識したプロモーションを考えてみてはいかがだろうか。 source:marketing Oops... Read More
タイでのお金に関する意識調査
タイ人は楽観的で、将来のことを考えず、とにかく今が楽しければ良いというイメージを持っている日本人が多いのではないかと思います。将来のために貯金しようなんていうタイ人はそうそういないでしょうね。しかし、実際はどうなっているのか?本当のところを知らない人もほとんどだと思います。 今回はZocial, inc.が発表した「タイ人のお金に対する意識調査」の結果を元にタイ人の貯金事情について探っていきます。 お金の管理意識について 最初にお金の管理に関するタイ人の意識ですが「お金の管理は重要だと思う人」は5人中4.69人、「お金の管理ができるという人」5人中3.44人、「お金の管理知識を持っている人」は5人中3.11人という結果。 また、貯金について調査として「100,000バーツ(約300,000円)のお金をもらったらどんな形態で貯金するのか」という質問に対し、「普通預金」78%、「定期預金」33%、「投資信託」27%、「LTF/RMF※」16%、「その他」16%という結果でした。 ※RMFとは「Retirement Mutual Fund」の略: 年金型の積立ファンドのことで、これを購入し、ある一定のルールを満たせば、LTFと同様に所得税の還付が受けられる。 ※LTFとは「Long Term equity Fund」の略: タイの株式市場(SET)に投資する長期ファンドのことで、これを購入し、ある一定のルールを満たせば所得税の還付が受けられる。 credit by:RMF/LTFとは 貯金の目的は? なんとタイ人は老後や教育のためより、旅行のために貯金する人が多いようです! 必要な時のため     69% 旅行のため       38% 個人事業の立上げのため 36% 老後のため       35% 自分の教育費のため   19% その他         4% 貯金目標額を達成できなかったらどうする? 無駄な出費を減らそうとする人が半分以上もいるということは、大半の人が毎月無駄な出費が多いという事ですね・・・ 無駄な出費を減らす 57% お小遣いを稼ぐ   18% 来月に繰り越す   17% 目標額を減らす   6% その他       2% 投資についての調査 年齢別の投資額 23歳~26歳 : 15,000バーツ以下 27歳~30歳 : 50,000 ~ 1 00,000バーツ 30 以上 : 15,000 ~ 5 0,000バーツ 23 以下 :15,000 ~ 50,000バーツ 職業別... Read More
最近のタイのインターネット利用者動向
2015年8月6日、タイ国情報通信省とETDA※が共同で近年のタイのインターネット利用者動向を発表ました。 タイのインターネット利用者は女性層が若干多い バンコクと内陸地方に分け10434人の一般タイ人を対象に2015年3月〜5月かけて実施された同調査。タイのインターネット利用者は男性が42.4%、女性が55.8%、その他が1.8%という結果。利用時間については男女ともに50.4時間/週、その他が58.3時間/週。アクティブな時間帯は16:00〜深夜とのことです。 主な年齢層は35代-50代、人気は健康食品 最多利用年齢層は35-50歳で週に約54.2時間インターネットを利用しており、主な利用目的はSNS(82.7%)、検索(56.6%)、ニュース(52.2%)という解析結果。また、Eコマースの市場では健康食品が人気商材(全体の24.4%)となっており、一回のショッピングで使うお金は4,000バーツほど。 ソーシャルメディアの影響で若年層のアクティブユーザーが多いように見えるタイのインターネット利用者であるが、統計をとってみると意外にも30代以上の利用者が目立つ。セレブ思考漂う最近のバンコクで”健康食品(健康管理)”がバカ売れしているのも、それらを裏付ける結果なのかもしれない。 source:thaipbs... Read More
タイでのマドンナ ライブ。チケットは日本より高い。
2016年2月9日、マドンナのバンコク公演「SINGHA WATER PRESENTS MADONNA REBEL HEART TOUR IN BANGKOK」が、インパクトアリーナ・ムアントンタニで開催される。 9月9日のカナダ公演を皮切りにスタートした「REBEL HEART TOUR」。最新曲の「レベル・ハート」を中心に、過去のヒットソングなども次々と披露するなど、昔からのファンも喜ぶライブになっているようだ。アジアでのツアーは初公演となる台湾、香港、マカオ、日本、そして、タイ・バンコク。 最高値の席は日本より高い10万円! 10月3日から販売が開始されたマドンナのバンコク公演チケット。驚くのはその価格・・・安いチケットは2,000バーツ(6,600円前後)ですが、”ULTIMATE VIP EXPERIENCE”というチケットの価格は、なんと30,000バーツ(99,000円)。 これらの高級チケットは一部の富裕層や、大手企業のVIP顧客への招待等に使われると思われますが、30,000バーツは、タイのショッピングモールで働く店員さんの約2ヶ月分の給料に相当する。ちなみに、マライヤ・キャリーが2014年の10月にタイでライブを行った際のチケット価格は高いもので8,000バーツだった。 海外アーティストのライブチケット高騰はタイでも・・・ Apple Music等の聴き放題サービスの影響か、最近は海外アーティストのライブチケットの価格高騰が目立っており、その波は既にタイでも起きている。実際どのくらい入場客が集まるのか分かりませんが、満員となると後に続く海外アーティストもどんどん高くなっていくような気がする。 とはいえ、10年ぶりとなるマドンナのワールドツアー。開催日の週末がバレンタインデーということもあり、沢山の女性客で盛り上がりそうだ。 MADONNA REBEL HEART TOUR IN BANGKOK 日時:2016年2月9日(火)/ 午後7時開場 会場:インパクトアリーナ・ムアントンタニ チケット:2,000THB〜16,000THB REBEL HEART PACKAGE:20,000THB RUNWAY PACKAGE:25,000THB ULTIMATE VIP EXPERIENCE:30,000THB source:MadonnaThailand... Read More
タイでドローンを飛ばすために必要なこと
みなさんはじめまして。 タイで映像制作会社を経営しているKです。今回は、「世界でもっともドローン規制が厳しい」と言われるタイで、飛行許可の申請にトライしてみました! タイでドローン規制法を侵すとこうなる 今年9月に施行されたドローン規制法によると、罰則は「1年の懲役+罰金4万バーツ」となっています。 規制法のおもな内容 タイ語で書かれた書類を翻訳してもらったところ、おおまかに、このような内容が書かれていました。 ①タイ交通省(交通輸送規制局)からの許可証を取得しドローン使用時に携帯すること。 ②地上から90メートル以下で飛行させること。 ③ドローンは目視できる範囲で飛ばすこと。 ④飛行できるのは、太陽がのぼっている時間のみ etc… これらのルールをやぶると、最悪で懲役刑…!ルールが曖昧で、ペナルティが厳しすぎるような。。「世界でもっともドローン規制が厳しい」と言われる理由がこれです。タイは微笑みの国といわれていますが、締めるところはグイグイ締めてきます。 許可証ゲットには、ドローン保険が必須 とにかく許可証を取らなければなりません。申請のため、タイ人スタッフから、担当部署へ電話で問い合わせ。 すると、申請書類の他、「ドローン保険に入ってください」と言われました。保険の加入証明も必要なんですね~。このあたりでだんだん面倒になってきますが、もともと保険には加入するつもりだったので、今度は保険会社へ。 タイは日本と違いドローン専用の保険がないので、オーダーメイドで組んでもらいました。(高かった…) いよいよタイの交通省へ 申請書と保険の書類の束を抱えて交通省内にある「交通輸送規制局」 へ。名前の割にアットホームな雰囲気の事務所。怖い系の顔をした担当官。申請を行いました。 ドローンの飛行許可 審査の結果、晴れてタイ国内でのドローン飛行が認められ、許可証をもらえることになりました。(テンションが上がって、思わず怖い系の顔の担当官と自撮りしました) タイで空撮するメリット ここまで苦労して許可証を取る必要があったのか、まだ分かりませんが、今まで外注していた「空撮」 を自社で行えるのは嬉しいことだし、映像表現の幅がグッと広がりました。 これからの撮影が楽しみです。 続く RAWLENS FILM PRODUCTION(THAILAND)CO.,LTD. ホームページ:RAWLENS.asia 問い合わせ(メール):info(a)rawlens.asia ※@に変えて送信下さい。 問い合わせ(Tel):086-383-5762... Read More
バンコクでドローン
最近風邪をひいたKです。タイでRAWLENSという映像制作会社を経営してます。少し前に、「最悪懲役! 規制が厳しいタイでドローンの許可申請してみた」という記事を書きました。 タイ政府から「RAWLENSさんはドローンを飛ばしていいですよ」というお墨付きをいただいたという記事ですね。今回はその続きとして、ドローンの練習場をバンコクの郊外に発見したので、それについて書いてみたいと思います。 バンコクの中心地、スクンビットエリアでは飛行不可 ドローンの飛行許可を取ってから、3回ほど撮影現場で使ってみましたが、もっとスムーズな操縦ができるよう、ドローンの飛行訓練をすることにしました。 ですが、私達のオフィスはタイの首都バンコクのど真ん中。ドローンの離発着に必要な、開かれたスペースが確保できません!通行人も多く、もしも怪我をさせたら一大事です。(万が一にそなえて、ドローンの専用保険に加入してはいますが) 自由に飛ばせる場所がないかリサーチしてみた タイでドローンを扱う代理店のfacebookファンページをリストアップし、片っ端から問い合わせをしました。ほとんどが既読スルーでしたが、一通のみ返信が。「ここがあなたの探している場所かも」とのメッセージとURLが張ってありました。 こうして辿り着いたのがDJI(ドローン業界のリードカンパニー)の正規代理店「DJI Store Thailand」です。ページ内の写真アルバムに、飛行練習らしき風景がアップされているのを確認。ここなら飛ばせそうな雰囲気です。さっそく電話をかけるも繋がらないので、直接行ってみることに。 お店はオフィスから車で20分ほど移動した所にあるようです。 実際に飛行練習上に行ってみた 着きました。バンコク郊外のショッピングモール「クリスタルパーク」です!ここの二階に目指す代理店がありました。 慣れた店員の神対応 店に入るなり、タイ人店員が笑顔で迎えてくれ、「ドローンの飛行訓練がしたいんですけど…」と伝えると「モールの屋上で飛ばせるよ」とのこと。 僕「料金は?」 店員「無料ですよ」 僕「練習場を使うのに登録とかは」 店員「要らないです」 僕「時間制限は?」 店員「ないです」 僕「…」 やっとのことでオアシスにたどり着いた遭難者のような気分。ドローンのライセンスを提示して、いざ練習場へ。(練習場に行く前に、バッテリーの充電確認、ファームウェアのアップデート確認、清掃など、無料でメンテナンスもしてくれました。神対応です) ドローン飛行練習し放題の好環境!! クリスタルパークの屋上で行った飛行訓練の映像がこちらです。 直線に飛んだり、特定のポイントを中心にして旋回したり、操縦者の移動に追従したり、Phantomには色んな機能があって本当に面白いです。このあとも何回か通ったことで、だいぶスムーズな飛行ができるようになりました。 次回はいよいよ、ミュージックビデオの撮影でドローンを投入したエピソードをお伝えしたいと思います! RAWLENS FILM PRODUCTION(THAILAND)CO.,LTD. ホームページ:RAWLENS.asia 問い合わせ(メール):info(a)rawlens.asia ※@に変えて送信下さい。 問い合わせ(Tel):086-383-5762... Read More
ステマを見破るタイ市場
タイでウェブマーケティングと言えば、芸能人や著名ブロガーを使ったステルスマーケティング(※以下ステマ)。1投稿数万バーツで取引されるインフルエンサーを起用した広告戦略は、最近ではタイ企業だけではなく、日本の自治体までもが当たり前に活用するようになった。 しかし、そのステマもタイ人に見破られるようになってきている。 グリコアイス品切れ事件 今年の2月27日からグリコのアイスクリームがタイでも販売されることになり、それに合わせ江崎グリコはすぐさまタイ国内でウェブマーケティングを開始。一般タイ人に向けた事前プロモーションとして、いつも通り著名人を起用したステマだったが、販売直後からコンビニやスーパーなどで品切れ店が続出。 何日待っても購入できないことに怒った一部の消費者は、タイ国内最大の掲示板サイト「パンティップ」に下記のクレームコメントを残しました。 ・宣伝ばかりで食べられないなら、もう食べない。 ・店のスタッフが隠しているのでは? ・わざと品切れさせるグリコの広告手法だ。 同社は海外で本格的にアイスクリームを販売するのが初めてだったため、今回は品切れクレームを見越した炎上マーケティングだったのかもしれない。しかし、コメントを見ても分かる通り、ステマに対する警戒心は以前にも増して強くなっている。 続いてガリガリ君が上陸 グリコが展開したマーケティング手法で「ガリガリ君」を主力商品とする赤城乳業も、先日、バンコク都内のホテルで試食イベントを開催。会場にはメディア関係者や人気ブロガー、そして、ガリガリ君本人も登場し大盛況だったようだ。 年間推定500億円ともいわれるタイのアイスアイスクリーム市場・・・ ユニリーバやネスレなどの多国籍企業がシェア争いを繰り広げる中で、日系企業2社は今後どのような展開を見せるのか注目したい。 source:edtguide... Read More
ANNGLE STORE
タイでウケるTシャツ
タイ語Tシャツ(パクチー多め)
¥ 2,580