ANNGLE公式グッズストアオープン!
最近のタイのFacebook動向
一時は飽和状態にあるとも言われたタイのFacebookユーザーではあるが実際はどんな状況なのか。今回はタイのマーケティングサイトのデータを参考にここ数年におけるタイのFacebookユーザーの動向をご紹介する。 結局増えているタイのFacebook利用者 タイ全体におけるFacebookの利用者数は2012年から約35%増加し、2015年4月現在の利用者数は3,500万人。利用者の中心はバンコク在住者でタイ全体の70%を占めている。 タイ全体のFacebookユーザー統計 2012年:1,450万人 2013年:1,800万人(24%増) 2014年:2,600万人(44.5%増) 2015年:3,500万人(34.6%増) ※Facebookは2015年4月17日現在 男女比とユーザー属性の特徴 タイはゲイやレズビアンなどの性別ステータスをオープンにする傾向があるため、同姓に興味をもったユーザーが比較的多いところが特徴。 タイでの男性のFacebook利用者は1711万人(2015年4月現在)で、そのうち330万人が未婚者、130万人が既婚者となっている。また、異性に興味を持っているユーザーは330万人で、同姓に興味を持つユーザー(ゲイ)は33万人という結果。 また、女性のFacebook利用者は1714万人で、そのうち350万人が未婚者、140万人が既婚者となっている。異性に興味を持っているユーザーは220万人、同姓に興味を持つユーザー(レズビアン)は66万人という結果。 タイ国内のエリア別ユーザー数(5ヶ所) 下記は地域別のユーザー数の統計。バンコクがチェンライやノンタブリーなどの地方都市と比べて圧倒的に多いことが分かる。 バンコク:2,000万ユーザー チェンマイ:96万ユーザー ナコーンラーチャシーマー:78万ユーザー ノンタブリ:60万ユーザー チョンブリ:54万ユーザー まだまだ軽視できないタイのFacebookユーザー 実際に統計をとってみると2012年から3年間で34.6%も増えている。タイでSNSを用いたウェブマーケティングといえばInstagramが重要視されがちだが、改めてFacebookの利用者を意識したプロモーションを考えてみてはいかがだろうか。 source:marketing Oops... Read More
タイ人は毎月服を買う
COTTON USAの “2014 COTTON USA Global Lifestyle Monitor” が世界10ヶ国でのファッションに関する市場調査を発表しました。 同調査でわかったことまとめ タイでの調査はバンコク、チェンマイ、コーラート、チョンブリー、ハーヤイのエリアを対象に、15歳~55歳男女1000人(収入:15000バーツ~60000バーツ以上のタイ人)を対象に行われました。 ・タイ人消費者は前年比3%ずつ上げて、洋服を買っている。 ・2020年まで3%ずつ上がると予想されている ・2014年タイ人の洋服購入総額は2,763,000,000バーツ ・2020年の洋服購入総額は、3,186,000,000バーツと予想されている ・10分の6は洋服を買うのが好き ・58%は最低1ヶ月に1回以上洋服を買う ・63%はセールの時に買うのが好き ・93%は品質のいいものも洋服を買う時に大事な要素 ・57%品質のいいものなら、高く払っても構わない ・10分の8コットンが好き 最近のタイ人は何を参考に服を買うのか? 服を買う主な動機とは? 69%:ソーシャルメディア 57%:サーチエンジン・ウェブサイト 51%:店舗・市場 19%:ハイパーマーケット 15%:オンラインリテーラー 13%:デパート タイ人が購入する服の種類とは? 30%:上着 22%:ズポン 15%:下着 9%:靴下 7%:スポーツウェア 4%:ドレス・スカート 3%:ジャケット・ブラウサー タイ人のジーンズの購入は世界で4位 一人の平均所有枚数 15枚:アメリカ 13枚:コロンビア 12枚:ブラジル 11枚:タイ  ※世界の74%のオフィスワークの男女は週1回はジーンズを履いて会社にいくようです。 タイ独自のソーシャルEC事情 タイではソーシャルメディアだけでバーチャル店舗を設けて、服やアクセサリーを販売するユーザーが多く存在します。つまり、FacebookやInstagramで商品を紹介・販売し、お客さんとの取引きはLINEや電話。そして、支払いは銀行振込。これだけでビジネスが成り立っているということです。 維持費が必要となるEC関係のサービスは極力使わなず、ソーシャルメディアで直接販特徴・・・ やはりタイはまだチャンスがいっぱい転がっている気がします。 source:positioningmag... Read More
アプリでBTS運賃のチャージ
バンコクスカイトレイン(BTS)の運賃をスマートフォンでチャージ決済できる「ラビット・ラインペイ」のサービスが始まった。これによりスマホ専用のアプリで電子マネーのチャージや乗車券の購入、乗車履歴の確認などができるようになる。 「ラビット・ラインペイ」のサービスを利用するには、クレジットカードなどの事前登録が必要。電子マネーのチャージや残高不足などの履歴は、「LINE」を通じて通知される。現在、ラビット・ラインペイの利用者数は500万人で、半年間で1.5倍に増加しており、タイ全土約5万店の加盟店でも使えるという。 同社は国内で最も使われるモバイル決済を目指し、来季ははバンコク銀行と連携したサービスも予定している。 source:Matichon... Read More
ステマを見破るタイ市場
タイでウェブマーケティングと言えば、芸能人や著名ブロガーを使ったステルスマーケティング(※以下ステマ)。1投稿数万バーツで取引されるインフルエンサーを起用した広告戦略は、最近ではタイ企業だけではなく、日本の自治体までもが当たり前に活用するようになった。 しかし、そのステマもタイ人に見破られるようになってきている。 グリコアイス品切れ事件 今年の2月27日からグリコのアイスクリームがタイでも販売されることになり、それに合わせ江崎グリコはすぐさまタイ国内でウェブマーケティングを開始。一般タイ人に向けた事前プロモーションとして、いつも通り著名人を起用したステマだったが、販売直後からコンビニやスーパーなどで品切れ店が続出。 何日待っても購入できないことに怒った一部の消費者は、タイ国内最大の掲示板サイト「パンティップ」に下記のクレームコメントを残しました。 ・宣伝ばかりで食べられないなら、もう食べない。 ・店のスタッフが隠しているのでは? ・わざと品切れさせるグリコの広告手法だ。 同社は海外で本格的にアイスクリームを販売するのが初めてだったため、今回は品切れクレームを見越した炎上マーケティングだったのかもしれない。しかし、コメントを見ても分かる通り、ステマに対する警戒心は以前にも増して強くなっている。 続いてガリガリ君が上陸 グリコが展開したマーケティング手法で「ガリガリ君」を主力商品とする赤城乳業も、先日、バンコク都内のホテルで試食イベントを開催。会場にはメディア関係者や人気ブロガー、そして、ガリガリ君本人も登場し大盛況だったようだ。 年間推定500億円ともいわれるタイのアイスアイスクリーム市場・・・ ユニリーバやネスレなどの多国籍企業がシェア争いを繰り広げる中で、日系企業2社は今後どのような展開を見せるのか注目したい。 source:edtguide... Read More
PROMPTPAY photo:thairesidents.
タイ政府が主導している新送金サービス「PROMPT PAY」の利用が大幅に増えている。今年4~6月の取り引き回数は前期と比べて6倍となる833万件(1日平均約9万2500件)に急増。 タイも徐々にキャッシュレス社会へ 金額も4,421億バーツに上り、キャッシュレス社会化に向けた一翼を担っている。同サービスは、銀行が提供するアプリを使用し、国民番号と銀行口座を紐づけることで、銀行口座の代わりに携帯電話番号や国民番号を通じて送金できるのが特徴。一定の利用額まで手数料が無料であることが、人気の理由という。 6億3100万回の取り引きで3兆バーツ以上  サービス開始から1年以上が経過した9月13日現在、計6億3100万回の取り引きで3兆バーツ以上が動いたという。1回当たりの送金金額は、初期の7,000バーツから4,600バーツに減っている一方、利用回数が大きく増えたという。  現在、同サービスに携帯番号で登録しているのは4450万件、国民番号が2820万件と、タイ国民の半数近くが利用している。利用方法は、家族や友達への送金(41%)が最も多く、続いて買い物やサービスへの支払い(36%)だった。 Source:thairath.co.th... Read More
日本語でタイから配信するユーチューバー
タイから現地情報や商品レビューをYOUTUBE配信 タイ在住者によるブロガーが増え続ける中で少しずつ増え始めているのがのユーチューバー。今回は定期的に動画配信を行っているタイに特化したYOUTUBEチャンネルを紹介する。 TJ Channel(ティージェーチャンネル) タイ在住YouTuberの中ではチャンネル登録数が多い「TJ Channel(ティージェーチャンネル)」。あらゆる場所に赴きタイの魅力を届けている同チャンネルは美味しいタイ料理&レストランは勿論の事、おすすめホテル等なども紹介している。タイ人と日本人のハーフである彼は得意のタイ語でタイ人に対してアンケート調査なども実施。仲間が紹介するセカンドチャンネル「オールナイトパッポン」も人気。 TJ Channel DayzeroBangkok(でいぜろバンコク) タイ在住者のだいじろうとよしの二人組で構成されるYOUTUBEチェンネル「DayzeroBangkok(でいぜろバンコク)」。タイの濃度が凝縮された何でもありのチャンネルで、「チャオプラヤー川で泳いでみた」や「タイのあるあるシリーズ(コント)」などが話題をよんだ。気になるタイのローカル事情に切り込んで行くインタビュー動画もタイ生活の参考になる。 でいぜろバンコク Dayzero Bangkok 激旨!タイ食堂 日本語が堪能なタイ人女性のカヌンちゃんがガイドブック載っていないレストランや屋台などを紹介するYOUTUBEチェンネル「激旨!タイ食堂」。タイ人ならではの料理紹介は長年住んでいる者でも知らない料理が多く興味深い。食レポもかわいく愛嬌があるので見ていて飽きない。タイ語講座とお店のオーナーにインタビューをするコーナーも人気。 激旨!タイ食堂 BANGBANGBANGKOK(バンバンバンコク) ヒロとはるきのコンビで毎週金曜日にPODCASTで配信していた「BANGBANGBANGKOK」がYouTubeチャンネルを開設。ガイドブックには載っていないタイの魅力をヒロの替え歌などを交えて紹介。以前は40代の支持を受けていたが最近では才色兼備なカナさんの登場により女性ファンも増えているとか。月一回の読者と晩飯を食べるライブ配信「バンバン晩御飯」も人気。 BANGBANGBANGKOK MekChannel(メックチャンネル) バンコク在住の日本人ラッパーMEK加藤のYOUTUBE「MekChannel」。このチャンネル以外にも「メック的バンコク」や「TabearukiBangkok」など複数のチャンネルを持っている。「WOODBALLTV」の「1,000バーツの旅」はリアルなタイが表現され話題になった。 MekChannel Tossy a go go ! in Thailand 2nd Season(トッシーアゴーゴー) 「BNK48」のファンであるTossyの動画チャンネル「Tossy a go go ! in Thailand 2nd Season」。タイのアイドルユニットBKN48のファンチャンネルとして日本人のみならずタイ人視聴者にも愛されているチャンネル。とくに来年はBNK48初の総選挙が控えているため最近の更新熱も半端ない。 Tossy a go go! In Thairand 番外編:Ookbee Comics ゼネラルマネージャーとして楽天タイランドに在籍していた松尾氏がトミーとして登場しているタイの人気漫画アプリ「Ookbee Comics」のYOUTUBEチャンネル。タイのテレビ番組のような早いテンポ展開とトミーの流暢なタイ語で再生回数はなんと100万回超え。タイ人スタッフとの辛いもの対決など体を張った動画もある。 人気観光スポットという優位性 以前からメジャーな海外旅行として人気のタイは、ブログや動画などのコンテンツとの相性がいい。クラシックな寺院とモダンな高層ビルが共存するバンコクのクリエイティブ環境は、日本人のみならず各国からも絶賛されており、今後もオリジナリティー溢れるクリエイターがどんどん押し寄せてくるだろう。... Read More
タイのインフルエンサーショック
タイ財務省はインターネットビジネスに関する課税を強化するため、特別チームを設置してソーシャルメディアで広告宣言を販売しているブロガー(インフルエンサー)の納税状況を調査することを発表した。 ブロガー監視専門の調査特別チーム 財務事務次官ソムチャイ氏の情報によると、納税調査はFacebookやInstagramのほか、最近話題の「iShow」「BEGOライブ」などのライブビデオストリーミングを行っているユーザーも対象になっている。 対象は主にネットアイドル!? 最近のタイは日本のユーチューバー同様、インターネットで活躍するスターに憧れてタレントを目指す傾向がある。とくに女性ユーザーは露出を増やして国外からのフォロワーを獲得し、広告代理店などを連携を測り高額な副収入を得ている。今回の調査ではインフルエンサーの事業活動自体が法的に違反していないか、その都度税金を払っているかどうかをチェック。脱税や詐欺的行為をしているユーザーは罰金や懲役刑なども科すとのことです。 source:thaipbs... Read More
ラインのデリバリーサービス Photo by komchadluek
バンコク都内にあるコンビニのセブンイレブン2店は、LINEの公式アカウントを通じて購入された商品の無料配送を試験的に開始した。 無料配送は期間限定で、バロムラーチャションナニー・ソイ4店とシワリー・ラチャプルーク店で実施。1回当たり計100バーツ以上の注文商品に対し、30分以内に届けるという。配送範囲は、店舗周辺のバロムラーチャションナニー・ソイ4と同6、ルンピニコンドミニアム、シワリー・ラチャプルーク、ベンヤーパー・ラジャプラックなど。 支払いは現金の他、QRコードのモバイル決済、送金サービス「PROMPT PAY」でも対応。割引クーポンの使用はできない。受付時間は午前6時~午後10時。 source:コム・チャット・ルック... Read More
タイバーツ
タイのコンビニで10時間働くと、日給300バーツもらえます。1日10時間も働いて、もらえるのは、たったの1,000円ちょっとです。時給にすると100円です。ちなみに、普通の国立大学の教員の初任給は、大卒で17,240バーツ(59,000円)、大学院卒で24,600バーツ(83,950円)です。 タイの学生たちに聞くと、タイでは月収1万バーツ以下の人は、貧乏だそうで、15,000バーツ(約5万円)もらっていると中流らしいです。タイの給料ってすごく安いですよね。それで暮らしていけるのかって思いませんか? 給料の額と貧乏は違うもの 2016年の調査によると、世界で一番平均年収の高い国はスイスで、平均年収は1,150万円です。そして日本の平均年収は459万円です。つまり、スイスは日本の2.5倍ぐらいの給料をもらっていることになります。日本で月給30万円の人がいたとしたら、その人と同じような仕事の人が、スイスでは75万円もらっていることになります。 スイスで25万円の月給の人は、日本でいうと月給10万円ですから相当苦しい生活と言うことにもなります。スイスでは、物価がびっくりするぐらい高いからです。 タイの物価はとても安い 日本で500ミリ入りの水をコンビニで買うと130円です。それがタイではだいたい20円ぐらいで買えます。タイでは簡単な食事であれば、120円ぐらいで食べることができます。 衣料品も安く、高級ブランドを除けば、Tシャツはだいたい新品で150円~300円ぐらいで買えます。基本的に暑い国ですから、コートなども買わなくて済みます。私の今日の夕食は、結構豪華で魚のフライ2匹20バーツ、焼き鳥と豚肉串焼き合計6本で50バーツ、もち米10バーツ分(お茶碗2杯分ぐらい)、完熟パパイヤ1個20バーツ、合計100バーツ。350円ぐらいです。 このようにタイでは、生活に関するものの価格が、日本と比べて相当安いです。ですから、同じ1万円でも、その生活する場所によって価値が違うことがわかります。 タイの物価の肌感覚 私の現在の給料(タイの地方の国立大学に勤務)は、月給21,600バーツ(家賃代は別途支給されています)です。そして、この待遇は、贅沢はできないですが、1人暮らしならそれほどつつましい生活を強いられる金額ではありません。 日本の生活と比較すると、タイの1,000バーツは、日本円で1万円ぐらいの価値があると思います。それで言うと私の現在の生活を日本の生活に当てはめると、家賃無料の社宅に住んで、月収20万円ぐらい貰っている感じです。 タイの物価の肌感覚 私の大学の学生たちは、だいたい家賃を別にして、月額4,000バーツ~5,000バーツで生活しています。アルバイトできる場所があまりありませんので、だいたいは仕送りです。週に1回1,000バーツずつもらっている学生と、月初めにもらう学生がいるようです。 貧乏な学生には、政府から奨学金(返済しなければいけません)が出るのですが、その額は月額2,500バーツです。大学の寮の費用は、年間4,000バーツです。寮の部屋にはは2段ベッドが2つあって、4人で1部屋です。 大学の外のアパートは、月額1,500バーツぐらいからあります。 「タイ人は貧しい」という誤解 タイでタイ人が生活している分には、別に貧しいという感覚はないと思います。もちろん、タイ国内でも貧しい人がいます。でも、どこの国にも貧しい人はいるわけで、特別にタイ人が貧しいということではありません。 もしタイ人の給料が安いから、タイ人が貧しいというなら、日本は給料が高いスイス人から、「日本は貧しい」と言われても仕方がないことになります。 タイは観光には最適の国 タイは基本的に安全です。それにまだまだ知られていない、観光名所がたくさんあります。毎年11月から3月ぐらいまで、乾季に入りますから雨の心配はいりません。おいしいものもたくさんあります。何より、物価が安い国です。日本でちょっとお小遣いをためて、ぜひタイに来て豪遊?してください。... Read More
タイでのマドンナ ライブ。チケットは日本より高い。
2016年2月9日、マドンナのバンコク公演「SINGHA WATER PRESENTS MADONNA REBEL HEART TOUR IN BANGKOK」が、インパクトアリーナ・ムアントンタニで開催される。 9月9日のカナダ公演を皮切りにスタートした「REBEL HEART TOUR」。最新曲の「レベル・ハート」を中心に、過去のヒットソングなども次々と披露するなど、昔からのファンも喜ぶライブになっているようだ。アジアでのツアーは初公演となる台湾、香港、マカオ、日本、そして、タイ・バンコク。 最高値の席は日本より高い10万円! 10月3日から販売が開始されたマドンナのバンコク公演チケット。驚くのはその価格・・・安いチケットは2,000バーツ(6,600円前後)ですが、”ULTIMATE VIP EXPERIENCE”というチケットの価格は、なんと30,000バーツ(99,000円)。 これらの高級チケットは一部の富裕層や、大手企業のVIP顧客への招待等に使われると思われますが、30,000バーツは、タイのショッピングモールで働く店員さんの約2ヶ月分の給料に相当する。ちなみに、マライヤ・キャリーが2014年の10月にタイでライブを行った際のチケット価格は高いもので8,000バーツだった。 海外アーティストのライブチケット高騰はタイでも・・・ Apple Music等の聴き放題サービスの影響か、最近は海外アーティストのライブチケットの価格高騰が目立っており、その波は既にタイでも起きている。実際どのくらい入場客が集まるのか分かりませんが、満員となると後に続く海外アーティストもどんどん高くなっていくような気がする。 とはいえ、10年ぶりとなるマドンナのワールドツアー。開催日の週末がバレンタインデーということもあり、沢山の女性客で盛り上がりそうだ。 MADONNA REBEL HEART TOUR IN BANGKOK 日時:2016年2月9日(火)/ 午後7時開場 会場:インパクトアリーナ・ムアントンタニ チケット:2,000THB〜16,000THB REBEL HEART PACKAGE:20,000THB RUNWAY PACKAGE:25,000THB ULTIMATE VIP EXPERIENCE:30,000THB source:MadonnaThailand... Read More
タイ人の14万人が不安障害
タイ衛生庁精神局のブンラーン局長は9月23日、過剰な不安や心配を感じる18歳以上の不安障害者が、国内に14万人もいることを発表した。 過度な勉強や仕事が影響か!? 精神の不安定さや脳の異常などが原因と考えられ、本人が気付かないケースが多いという。同局長は、落ち着きがなくなり、疲れやすいなどの症状が出たら病院に行くよう訴えている。 また、子どもの入学や転勤など日常生活で不安を感じることを指す一般不安症に比べ、不安障害の場合は、半年以上も不安を抱えて必要以上に心配する傾向が強いと指摘。 放心状態で驚きやすい、考えることをやめられない、焦りや疲れを感じやすいなど、症状についても説明した。 対策案を公表 対策として、薬や精神的リハビリでの治療を推奨。市販薬やサプリメントでは根本的な治療にならないため、症状を感じたら病院に行くか、同局カウンセリングホットライン(1323)に電話することを呼び掛けている。悪化した場合、うつ病や不眠症になる恐れもあるという。   同局長は、不安症を感じた場合は規則的な生活を心掛けるなどして症状を和らげる他、家族などの理解や支援も必要だと強調した。 Source:khaosod... Read More
イングランド国旗
タイの海外留学を考える若者にとって「イギリス」はもっぱら人気の海外留学先だ。筆者の勤める会社のタイ人スタッフにもイギリス留学するため退社する者が年に何名かいる。 どうしてイギリスなのか? タイ人の若者の留学先としてイギリスが人気な理由を以下にまとめてみた。 ①カリキュラムが良い 一つ目の理由は世界でもトップクラスの教育が受けられるからである。レベルの高い大学で勉強できる上、イギリスの大学のカリキュラムの内容は濃く質が良いと信じられている。 ②一年で修士課程が取得できる 二つ目の理由は、①でも説明したようにカリキュラム内容が濃いため、一年で卒業できるということだ。これは早く終わるから良いというだけでなく、留学にかかる生活費や滞在費等の費用を抑えられるという点でメリットがある。他国の大学へ留学するとなると平均で2年は通わなければならないことを考えると留学先にイギリスが選ばれる理由もうなずける。 ③ネイティブの発音が身に付く 世界共通言語である英語は場所、話す人種によってイントネーションも変わる。もしネイティブの発音を習得したいならば本場、英語が母国語である国へ学ぶしかない。タイ語を話したいのならタイへ、日本語を話したいなら日本へ、英語を話したいならイギリスへ行くのが良いというわけだ。 以上の理由からタイ人の中流以上の家庭ではイギリス留学が定番化しつつある。 学校選びやホスト選びが可能な時代 更に以前はどの大学が良いか?ホストは?IELTS(英語を母国語としない人の英語試験。ある程度の得点を取っているということが大学入学の必須条件)で良い点が取れるか?住んでからはイギリスの生活に馴染めるかなど?留学前も後も心配事が絶えない。だが現在ではインターネットに情報が溢れていて自分の学びたいことやスタイルに合った学校選びやホスト選びが可能な時代となったため不安も軽減されているはずだ。 以上の理由から近年イギリスへ留学するタイの若者が増えている。 source:marketeeronline... Read More
ANNGLE STORE
タイでウケるTシャツ
タイ語Tシャツ(辛くしないで)
¥ 2,580