Now Reading
【特集】平日午後のひと時、smart G-BOOKを片手に、お友達が待つチャオプラヤー川沿いのカフェに向かった。渋滞を避けてスイスイ!

【特集】平日午後のひと時、smart G-BOOKを片手に、お友達が待つチャオプラヤー川沿いのカフェに向かった。渋滞を避けてスイスイ!

バンコク都内を走る10000台のタクシーに搭載されたGPSからのデータを元に、道路状況を伝えてくれるのがナビゲーションアプリsmart G-BOOKの渋滞情報。その精度はバンコク随一。行く先々で確実に道案内をしてくれる。とある平日の午後、チャオプラヤー川沿いのカフェでお友達と待ち合わせたというバンコクの主婦、栗田直美さん。カフェに向かう車に我われ取材スタッフが同乗させてもらい、smart G-BOOKの使いやすさを実体験してもらった。

さあ、カムリ・ハイブリッドで出発!

demo01 (1)

栗田さんが住むコンドミニアムは、BTSアソーク駅からプロンポン駅にほど近いスクンビット地区にある。午後2時、コンドの前を元気に出発。向かう車はトヨタのカムリ・ハイブリッド。日本ではカムリは大衆車というイメージがあるが、タイでは高級車。日本のマークXに近い感覚がある。

スクンビット通りに出ると、早速、渋滞のメッセージ。至るところで赤色の表示が点灯した。「この先300メートル右折です」。柔らかな女性の声。英語のアナウンスだが(タイ語も選択可)、語尾もはっきりし、かなり聞き取りやすい。少しでも混雑を避けようと、車は細い路地に入り南に向かった。

スマホにインストールして使用するアプリ

demo01 (3)

smart G-BOOKは、iPhoneやAndroid端末などお手元のスマートフォンにインストールして使用するナビゲーション・アプリ。車にカーナビやディスプレイが搭載されてなくても、スマホ一つで簡単に使うことができる。タクシーに乗っている時、「現在地はどこかしら?」、そんな時にも気軽に役立つ。

助手席の栗田さんも、そのお手軽さにすっかり気に入った様子。「この画面、洗練されていて見やすいですね!」。視覚に優しい緑と青のコントラスト。それでいて情報量は満載だから何とも嬉しい。

渋滞情報に合わせて高速道路も自動選択!

demo01 (1)

スクンビット通りとほぼ平行に走るラマ4世通りも、赤色の混雑マークでいっぱいだった。そこでsmart G-BOOKが選んだのは、そのまま南下をするルート。ラマ3世通りをチャオプラヤー川に沿うように迂回するルートで、実走距離は長くなるものの所用時間で大幅な時短となると読んだようだ。

しばらく道なりに進んだ。実に快調。一方で反対車線は車、車、車…。すると、今度は「高速道路に乗ってください」の案内。もちろん高速を選択しない設定も可能だが、この際、smart G-BOOKの案内に従ってみた。実際、高速に乗ってみるとスイスイ。その精度に脱帽した。

高速を降りてからはカフェのあるホテルへ一路。付近は大渋滞だったが、さすがにこれを回避する抜け道はなく、しばらくの我慢。ほどなくホテルに着き、ゴールインとなった。所用時間は40分ほどだった。

Pages: 1 2

© 2019 ANNGLE(THAILAND)Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll To Top