Now Reading
言語障がい者が交際女性刺す、手話通訳士を手配し取り調べ

言語障がい者が交際女性刺す、手話通訳士を手配し取り調べ

チェンマイ県メーピン署に3日朝、重傷を負った女性が倒れているとの通報が入った。現場に駆け付けた警察や救急隊は、ナイフで首を刺された女性(22)を発見し、病院に搬送した。警察は、その場にいた被害者女性の交際相手であるパクディ容疑者(25)を拘束した。2人は共に言葉を話すことができない言語障がいを抱え、同容疑者は自首するため警察の到着を待っていたという。

同警察によると、2人は同棲中の恋人同士だった。事件当日、2人は一緒にビールを飲んでいたもののけんかとなり、怒った同容疑者が犯行に及んだ。その後、同じアパートに暮らす住人による通報を受けて警察が事件現場に到着。男を逮捕したが、同署内には手話をできる職員がいないため、手話通訳士を手配して犯行の経緯などを調べている。

source:Sanook

© 2019 ANNGLE(THAILAND)Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll To Top