ANNGLE公式グッズストアオープン!

シーラチャ・タイガー・ズー閉園を発表

Covid-19が経営に影響か

人気動物園 シーラチャ・タイガー・ズー閉園へ

チョンブリ県に位置するシーラチャ・タイガー・ズーは、Facebookページで現在、完全に動物園を閉園していると投稿しました。閉園日は開園からちょうど24年をなる4月23日金曜日で、この後についてはこれから話し合いがなされます。

動物園のマネージャーであるWasan Temsiriphong氏を含む経営陣は、5月3日月曜日に従業員との会合を開き、閉園の理由を説明するとともに、その他の問題について話し合う予定です。動物園が閉園となる主な理由は、現在の経済状況と、動物園の収益に影響を与えたCovid-19の第3波であると考えられています。

動物園の特徴

シーラチャ・タイガー・ズーはバンコクから約97km離れたチョンブリ県にある海辺の都市パタヤの郊外にある動物園です。同動物園が有名になるきっかけは約250頭のトラと約10,000頭のワニで、この飼育個体数は世界最大の個体数を誇ります。またベンガルタイガーの数はタイ国内最大級で、トラを見るだけではなく、赤ちゃんのトラを抱き上げてミルクをあげたり、一緒に写真を撮ったりできます。

動物園ではトラ以外にも象やワニ、ラクダ、鹿、羊、山羊、ウサギなどたくさんの動物が飼育されており、中には餌やり体験ができる動物もいました。またワニと人間のレスリングやブタのレースなどのアトラクションが豊富で、人気の動物ショーが行われると多くのお客様が集まる、大人も子どももみんなで楽しめる観光スポットでした。

source:The Nation Thailand

ANNGLE STORE
タイにちなんだ面白アイテム
タイ語Tシャツ(パクチー多め)
¥ 2,580