Now Reading
進むタイの大気汚染、空気清浄機など設置へ

進むタイの大気汚染、空気清浄機など設置へ

タイ政府が、微小粒子状物質(PM2.5)専用の空気清浄機と小型測定器の開発を進めているという。深刻化する大気汚染に対応したい考えだ。

現在、国立安全・軍民両用技術センター(NSD)が持つ最新テクノロジーを駆使した空気清浄機と世界最小の大気汚染測定器「My Air」を試験。同器はセンサー技術でリアルタイムにPM2.5の濃度を計測できるもので、バンコク都内で使用することで大気汚染の詳しい状況を観測できるようになるという。

バンコク都によると、1月1~23日までにPM2.5の濃度が基準値の1㎥当たり50μg以上と観測された場所は都内で35カ所。ディーゼル車の排気ガスや大気の滞留が主因とみられ、同22日には都内437の学校が休校となった。

source:Bangkok Biz

© ANNGLE THAILAND All Rights Reserved.

 

Scroll To Top