ANNGLE公式グッズストアオープン!

タイ スズキモーター 事業再編で増収目指す

合弁会社設立へ

事業再編と合弁会社設立

タイスズキモーター社は、新型コロナウィルスによるパンデミックの影響を踏まえ、事業・販売計画の見直しの一環として、タイ国内における二輪車の販売台数を今年の約1万台から2021年に3万台まで拡大していく計画を明らかにしました。この計画はタイでの販売力を見直し、市場シェアの取り戻しと増益に焦点を当てたものです。

これにより、タイスズキモーターとバンスズキモータータイランドの合弁会社であるスズキモトセールスコーポレーションが設立され、タイ南部の13州と国内の他の63の州で流通と販売を担当します。タイスズキモーターの二輪車販売責任者である大澤康治氏は「役割の明確な区別により新会社がスズキの既存の企業部門と連携して効率的に運営ができるようになる」と語りました。

タイスズキモーターは引き続き、国内生産とスペアパーツの供給、スズキモトセールスとバンスズキは輸入、流通、販売、マーケティングとアフターサービスを管理します。

シェアの拡大と増収狙う

スズキモトセールスの最高経営責任者であるManusak Laparojkit氏は、スズキの全国市場シェアを現在の約1%から引き上げることを公約として表明しました。なおスズキの主な競合企業はホンダとヤマハであり、現在国内二輪車市場のそれぞれ77%と15%を2社が占めています。

スズキモトセールスは、販売のプロセスの側面を簡素化させ、販売店に新技術を導入しながらスタッフの作業を容易にしつつ、製品品質を向上させるとしています。各社での役割をしっかりと分け、特化していくことで不測の事態に対応していくということです。

Source:BangkokPost

ANNGLE STORE
タイにちなんだ面白アイテム
タイ語Tシャツ(パクチーなしで)
¥ 2,580