ANNGLE公式グッズストアオープン!

タイ経済回復傾向

第3四半期に前年比6.4%縮小へ

当初の予想から回復傾向に

タイの経済は、新型コロナウィルスの大幅感染拡大を抑制しながら、移動の制限を緩和と経済政策を行った結果、第3四半期に改善が見られました。

「国内総生産(GDP)は、1年前から6.4%減少傾向にある」と国家経済社会開発庁が発表し、新型コロナウィルスの発生ピーク時に12.1%と減少予想された数値からは回復しています。

この数字は、19人の経済学者を対象としたBloombergの調査によって推定されたいた8.8%という収縮の中央値よりも優れていました。当評議会はまた、通念の見通しを以前の予測であった7.3%から7.8%への減少から、6%の減少へと引き上げています。

観光需要の回復は急務

観光と貿易が同時に大打撃を受けたため、Prayut Chan-o-cha首相は国内の需要を回復させるために数千億バーツの現金配布と1.9兆バーツを経済対策に費やしてきました。一方で通貨高と政治的抗議は脆弱な経済回復にリスクをもたらします。

観光を除く全ての経済指標は、第3四半期に改善しており、Danucha Pichayanan事務局長は記者会見で「政府支出は来年の経済回復の原動力であり続ける」と語りました。併せてタイの株式や債権への外国からの流入が再開したため急騰したバーツや、パンデミックの影響による70万から80万人に及ぶ高い失業率も来年の経済回復へリスクがあると伝えています。

また、2021年の景気回復への課題は失業率の上昇、干ばつ、新型コロナウィルスの発生、米新大統領の元での世界的な金融経済状況が含まれており、景気回復を加速させるための措置としては、新型コロナウィルス感染リスクの管理、観光業会への支援、公共経費の支出、民間投資の促進、干ばつへの対応、抗議運動の縮小に焦点を置くことであると彼は付け加えました。

Source:Bangkok Post

ANNGLE STORE
タイでウケるTシャツ
タイ語Tシャツ(パクチー多め)
¥ 2,580