ANNGLE公式グッズストアオープン!

タイで医療大麻の栽培が承認

医療及び商業目的での大麻栽培が可能に

タイ政府が医療大麻の栽培を承認

8月4日、タイ政府の報道官であるTraisuree Taisaranakul氏は、麻薬法を改正し患者、医療従事者、伝統医学事業者が医療及び商業目的で大麻を栽培できるようにするという保健省の提案を承認しました。この提案は保健相のAnutin Charnvirakul氏によって提出されています。タイでは昨年から麻薬法が改正されマリファナの医学的使用を認めていたものの、Anutin Charnvirakul氏からはさらに幅広い領域で大麻を利用できるようにとの提案がなされていました。

承認された新しい麻薬法

現行の法律では、州の機関や州の機関と協力して大麻を生産、輸入、輸出する必要がある者のみに大麻の栽培が許可されており、開業医や伝統医学事業者、民間の登録者などには大麻を栽培する許可は出されていませんでした。

しかし今回承認された改正案が可決された場合、開業医、伝統医学事業者、民間の登録者などが治療用に大麻を栽培できるようになり、さらに医薬品の製造業者が、タイの麻薬分類であるカテゴリー5に含まれる大麻を生産、輸入、輸出、所有することも認められます。加えて改正案では、麻薬の取り締まりで押収された大麻を必要に応じて医療用大麻の製品に使用することも許可しています。

Anutin Charnvirakul氏はこの改正案に関して、患者が医療大麻を入手しやすくすることを目的としていることに触れ、民間団体、特に医薬品を生産している団体は大麻の栽培許可を求められると話しました。

また私立病院会の会長であるChaloem Hanphanit博士は、公衆衛生に関する下院委員会に、私立病院が患者に医療用大麻を配布できるようにとの要請を提出したと発表しました。

sauce:Bangkok Post

ANNGLE STORE
タイでウケるTシャツ
タイ語Tシャツ(パクチーなしで)
¥ 2,580