Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed

タイの保健省が提案!?強制的に禁煙社会にする方法

さらにグロくなるタイのタバコパッケージ
さらにグロくなるタイのタバコパッケージ
Last updated:

タイで販売されているタバコのパッケージは、旅行者のお土産になるほどグロテスクなデザインで有名。

6月27日にタイ保健省が発効したタバコ販売に関する新たな通達は、パッケージの健康被害を訴える掲載領域を拡大するというもの。

同省が今回指定した内容は10種類のデザインと喫煙被害の予告文章。掲載領域は現行の55%から85%となり、各タバコ業者は営業妨害にあたる違法行為として訴えているという。

一部メディアからは、年々デザインを酷くすることで購入者の人柄を疑われるように誘導し、国は半強制的な禁煙社会をめざしているとも言われている。

下記は新たなデザインパッケージの一部

[one_half]

喫煙被害を訴えるデザイン1
喫煙被害を訴えるデザイン1
[/one_half]
[one_half_last]
喫煙被害を訴えるデザイン2
喫煙被害を訴えるデザイン2

[/one_half_last]

source:
http://bit.ly/1pQhPwF

あなたにオススメの3本
レッドブルに次ぐタイ発の栄養ドリンク「M-150」が日本デビュー... タイを代表するエナジードリンク「M-150(エムロイハーシップ)」が、2016年12月5日、日本での販売を開始した。 M-150ってなに? 1985年の発売以来、現在世界20ヶ国以上で販売されている「M-150」は、タイのOSOTSPA社が製造するエナ...
日本技術の結晶!バンコクの新都市鉄道が試験走行開始... 12月14日からタイの新都市鉄道「パープルライン」の試験走行が開始され、完成記念式典が行われました。 パープルラインは日本技術の集大成 パープルラインはバンコクの地下鉄を運営するバンコクメトロ社が21編成63両で運営(全長23キロ 7駅)。車両本体は総...
バンコクのドブ川こと「センセーブ運河」がキレイに!... 渋滞を避けるための最終移動手段として知られるバンコクの中心部の「センセーブ運河」が政府の方針で浄化されることが決定しました。 大都会にあるまじき"ドブ川"の存在 19世紀に作られたセンセーブ運河はチャオプラヤ川からバンパコン川(チャチュンサオ県)までの...
メディア
よく見られてる一本
126回目-バンバンバンコク
第126回 ハルキ無事ビザラン終了