\ANNGLE公式タイ語グッズストア/

AOT、スワンナプーム空港拡張計画の見直しにIATAとICAOを採用

大型プロジェクトの実現性の可否の見極めに

大型プロジェクト実現へ

Airports of Thailand(AOT)は、国際空港運送協会(IATA)と国際民間空港期間(ICAO)の専門知識を活用して、総予算570億バーツに及ぶスワンナプーム空港の開発計画プロジェクトの見直しを行っています。

「私たちは、IATAに最新データを提出しており、2019年11月からこのプロジェクトについて検討しているため、3月中旬までに改正案を提出してくれると期待しています。」とAOTのNitinai Sirismatthakarn社長は述べました。一方で、IATAが認証した案をさらに修正するためにICAOと交渉も行っているという。もしICAOがIATAの修正案完成を待てないのであれば、プロジェクトの計画が予定通りに開始できるよう、すぐにフレームワークが開始できるように手順を踏む」とも述べています。

Nitinai氏はIATAとICAOに依頼する理由として、570億バーツ近くの支出を伴うスワンナプーム空港の3つのターミナル拡張が実現可能な投資であることを確認するため、AOTの理事会で提案されたものだと付け加えました。

プロジェクト概要

同開発プロジェクトは、現在単一のターミナルとなっているビルを、1ターミナルあたり78.3億バーツの予算で東西に拡張し、6.6万平方メートルの使用可能面積を増やすことで、年間1,500万人の旅客収容を目指します。また北ターミナルの拡張を412.6億バーツの予算で、34.8万平方メートルの使用可能面積を増やすことで、年間3,000万人から4,000万人の旅客の収容を目指しています。

Source:NATION THAILAND

ANNGLE STORE
タイにちなんだ面白アイテム
タイ語Tシャツ(辛くしないで)
¥ 2,580