\ANNGLE公式タイ語グッズストア/

特別観光ビザが1年間期限延長 最大270日の滞在が可能に

長期滞在による観光経済の支援へ期待

長期滞在可能な特別観光ビザ 2022年9月まで延長

タイ内閣府は、2021年9月30日まで実施予定であった「特別観光ビザ」(Special Tourist Visa -STV)を2022年9月30日までの1年間延長することを決議しました。

副政府報道官のTraisuree Taisaranakul氏は次のように話しました。「観光・スポーツ省からの提案により特別観光ビザプログラムの延長を承認した。今回の延長は、購買力の高い外国人ファミリー層に向けて90~270日間滞在してもらうことを目的としている。観光産業やその他関連産業への支援となるだろう。」

特別観光ビザとは

特別観光ビザとは、タイ保健省が定める新型コロナウィルス感染拡大国リストの「低度感染危険国」から入国する者のみ申請可能なビザです。最大90日間の滞在が可能である観光ビザに対し、特別観光ビザでは実施期間中であれば最大で270日間の滞在が可能となります。

観光・スポーツ省は、同プログラムで過去一年間に5,609人の訪問者がタイに滞在し、少なくとも12.4億バーツの経済効果をもたらしましたと語ります。長期滞在者は中国、香港、シンガポール、デンマーク、オランダ、スペイン、クロアチアからの入国でした。平均滞在日数は90日で、主な滞在地は、バンコク、スラートターニー(サムイ島)、プーケット、ウドンタニ、チョンブリ(パタヤ)、パトゥムターニー、ノンタブリー、チェンマイ、ラヨンだったといいます。

source: Bangkok Post

ANNGLE STORE
タイにちなんだ面白アイテム
タイ語Tシャツ(パクチーなしで)
¥ 2,580