Now Reading
バンコクの水道水の塩分が上昇し、一部のコンビニで飲料水売り切れ

バンコクの水道水の塩分が上昇し、一部のコンビニで飲料水売り切れ

タイ首都圏水道公社(MWA)が3日に水道水内の塩分が上昇していると発表したことを受け、6~7日の2日間に都内のスーパーやコンビニなどで容器入り飲料水の売れ切れが続出した。

水道水源となるチャオプラヤー川は現在、干ばつで水位が下がり、海水が流入していることが原因という。先日のプラユット首相の発言により水道水を煮沸すれば問題なく飲用できるとの情報が広まっているが、チュラロンコーン大学の専門家は「煮沸消毒しても塩分はなくならないので注意を」と国民に呼び掛けている。

source:matichon

© ANNGLE THAILAND All Rights Reserved.

 

Scroll To Top