2015年アジア人が行きたい夏休みの旅行先でバンコクが1位!

夏休みに行きたい都市でバンコクが一位
夏休みに行きたい都市でバンコクが一位

7月13日、旅行検索サイトのスカイスキャナーは同社ウェブサイトやアプリなどの航空券の検索統計をもとに「2015年アジア人が行きたい夏休み旅行先トップ10」を発表。その中で昨年の2位だったバンコクが今年は1位に選ばれました!

ロンドンを抑えてバンコクが一位!

同ランキングは今年7月1日~8月31日の期間を出発日に設定して検索された旅行券を集計したもので、過去2年間最も検索されていたロンドンを抑えてバンコクが1位。

バンコクの夜景
バンコクの夜景

また、近年はアジア各国のみならず日本の人気もあがっており東京は3位、大阪は7位にランクイン。最近は新国立競技場の建設計画で何かとお騒がせな日本ですが、オリンピック開催に向け確実に注目を浴び始めているようです。

2015年アジア人が行きたい夏休み旅行先トップ10
1位:バンコク
2位:ロンドン
3位:東京
4位:シンガポール
5位:バリ
6位:香港
7位:大阪
8位:台北
9位:パリ
10位:クアラルンプール

source:skyscanner.jp(http://goo.gl/Kovt2k)

あなたにオススメの3本
年末のタイは激混み!?2015年の新年はなんと5連休 タイ軍事政権は10月1日の閣議にて、2015年1月2日(金曜日)を休日とし、31日から合計で5日間の連休を取ることを決定しました。 なお、2日を休日にした理由はタイ国民への旅行及び観光を促進するため。一時、ソーシャルネットワーク上では9連休になることも噂...
バンコク日系IT界のお父さん、大川公顕さんがお亡くなりになりました。... 北海道は函館出身でタイの様々な市場を熟知する日本人経営者、大川公顕(ひろあき)さんが7日(金)未明、バンコクのご自宅で亡くなりました。 インフラも儘ならないバンコクにて1999時代からブログを始め、携帯関連情報を中心に幅広いタイのIT情報を配信していた大...
2016年は世界第3位〜タイ格差社会の実態 タイ国内の格差 Oxfamの報告書によると、2016年のタイの格差は、ロシア、インドに次ぎ世界3位であった。2015年の世界11位から上昇する結果となった。 タイの格差 2016 2008年には5名だったタイの大富豪は、2015年には28名にな...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
バンコクいい店やれる店 ~ 日本的洋食の定番メニュー・ハンバーグ。バンコクでは、混沌の中にあった~