ANNGLE公式グッズストアオープン!

バンコクの最新の流行 フォトブースとは

バンコクのミレニアル世代が今、熱狂しているもの

バンコクの最新の流行はフォトブース?

バンコクではミレニアル世代の間でフォトブースが流行しています。この流行は近年新しく発展したものではなく、昔の流行の再来とも言えます。最近バンコクにオープンした人気カフェ「Bonci」に行く機会があれば、クラシックな外観のフォトブースで、写真を撮るための行列ができていることに気づくかもしれません。行列にはJohn WinyuやNawapol Ter Thamrongrattanarit監督といった有名人も含まれています。

フォトブースは共同創設者のLuksika Pyn Jiradarakulを中心に「SculptureBangkok」が作ったプロジェクトです。Luksikaは写真家でチュラーロンコーン大学芸術学部を卒業しており、海外旅行中にフォトブースに親しみを持ちました。その後彼女はバンコクの志を同じくする仲間と、昔ながらのフォトブースと同様の懐かしさを引き出し、広める活動としてこのプロジェクトを始動。

フォトブースの利用方法

フォトブースの利用はTHB140を支払い、まず3ショットのポーズを撮り、その後ブースの外で気にいる写真を自身で選ぶ形式をとっています。プロジェクトが始まった当初は予約をせず利用できていましたが、非常に人気になり、今年の1月からはTicketmelon経由で予約が必要です。

撮影は水曜日から日曜日、午前11時から午後8時まで、エッカマイ北部のWWA Cafe xChooselessで行っています。またサイアムスクエアのLido ConnectにあるSculptureBangkokのフォトブースは、セルフサービスのために毎日、午前10時から午後9時まで利用可能です。

source:COCONUTS

メディア
ANNGLE STORE
タイでウケるTシャツ
タイ語Tシャツ(パクチーなしで)
¥ 2,580