\ANNGLE公式タイ語グッズストア/

プーケット 不動産市場の需要拡大

サンドボックス・プロジェクトによる経済促進効果

不動産市場が活発化 サンドボックスの経済効果

CBREタイランドのプーケット不動産販売責任者Prakaipeth Meechoosarn氏によると、プーケットで開始された「サンドボックス・プログラム」の経済促進の影響で、住宅市場の動きが加速しているそうです。

「ロックダウンの期間中、私たちへの問い合わせのほとんどは、休暇や別荘の物件を探している地元住民からのものだったが、サンドボックス・プログラムの開始後、外国人居住者や駐在員、一部の外国人観光客からの問い合わせが増加した」と、Prakaipeth氏は話しました。今後、CBREは、旅行制限が緩和され、島で別荘を購入することを検討する観光客や投資家が増加し、プーケットへの海外からの到着が増えると予想しています。

変化していくプーケットの住宅市場需要

プーケットの住宅市場は、かつては外国人バイヤーだけの市場として認識されていましたが、それは今や過去のこと。住宅用不動産の需要は、駐在員および地元住民などより広範囲に拡大しています。テレワークモデルにより、都会の生活とビーチの生活の切り替えが容易になり、休暇用の家を求める人々が増加したことが理由として挙げられます。

しかしながら、需要が増加しているにもかかわらず、パンデミックの中で過去2年間に開始された開発プロジェクト数が非常に少なく、プーケットの住宅供給は限られています。 CBRE Researchによると、新たに発売されたユニットの総数(ヴィラとコンドミニアムの両方)は、2020年に前年比98%減少し、2021年上半期にはさらに34%減少しました。

また、プーケットの一等地に対する需要は依然として高く、その結果、一部の開発者たちは大幅な割引価格を適用せずに販売しています。これらはパンデミックの初期段階で下落していた超高級価格が急速に回復した理由の1つと言えるでしょう。

source: Bangkok Post

ANNGLE STORE
オフィシャルグッズストア
3大寺院のマテリアル(ワット・ポー)
¥ 1,650