タイ南部で世界で一番大きな花『ブアプット』が咲いた

© baagklong
Last updated:

タイ南部のカオソック国立公園(スラータニー県)で、世界で一番大きな花と言われるブアプットが咲いた。

ブアプットはどんな花?

ブアプット(またはブアトゥーム、英語名はRafflesia Kerrii)はラフレシア科の植物で、つる性植物の根の上に寄生する寄生植物の一種。花の直径は70~80センチで分厚い花びらを持つ。つぼみでも大きめの鍋くらいの大きさがある。花の内部のお皿のような平べったいものの上には鋭いトゲのような突起物が。年に一度しか咲かず、咲くのは4~5日だけ。咲いた後は少しずつ黒く腐っていく。スラータニー県の県花でもある。

ブアプットの花
ブアプットの花
ブアプットのつぼみ
ブアプットのつぼみ

タイでブアプットを見るには…?

スラータニー県のカオソック国立公園内で見られる。毎年11月~4月まで観光できるよう開園しているが、道のりは若干大変だ。今回取材したbaagklongチームによれば、ブアプットを見られるスポットへ行くには自然が生い茂る(整備されていない)道を進むため、山に登る入口から休み休み歩いて2時間弱かかったとのこと。距離にすると片道3kmの道。

カオソック国立公園
カオソック国立公園
カオソック国立公園内
カオソック国立公園内 道なき道を進む
ブアプットにワイするbaagklongスタッフ
ブアプットにワイ(合掌)するbaagklongスタッフ

一生に一度でも見てみたいという人は、ぜひ枯れてしまう前に行ってみてください。年に一度しか咲かないのだから…

Source:baagklong, thairat

あなたにオススメの3本
タイの労働省、タイ国民全員が就労出来る環境作りを目指す... タイの労働省は必要に応じた労働者の保護及び福利厚生の充実の下、タイ国民全員が就労出来る環境作りを目指す。 アドゥン・センシンケオ警察大将兼タイ労働相はタイの労働について番組「ドゥーン・ナー・プラテートタイ(タイの前進)」の中で、政府は国民に仕事を与えて労...
タイ全土に戒厳令!タイ軍はクーデターを否定 5月20日(午前3時頃)、タイ陸軍はタイ全土に対し戒厳令を発令しました。 タイ陸軍のテレビ局(チャンネル5)は、「タイ陸軍は20日午前3時からタイ全土に戒厳令を発令」と報道。 陸軍司令官のプラユット氏は今回の戒厳令は「陸軍は、平和と、全ての国民及び...
ディズニーランドが観光・スポーツ省とタイでのテーマパーク建設について協議... タイの観光・スポーツ省が運輸省と連携して、増加する観光客に対応するためのインフラ整備・投資計画を検討する準備を進めているが、インフラ整備の一つとして、ディズニーランドの誘致が検討されているようだ。 この先10年間でタイを訪れる外国人観光客の数は、少なくと...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
Betta image by stmed
タイの闘魚ベタが国認定の水生生物に