\ANNGLE公式タイ語グッズストア/

ペットのブタの死がアフリカ豚コレラの調査を促す

バンコクでアフリカ豚コレラ発生か

バンコクでアフリカ豚コレラ発生か

バンコクの農業関係者はアフリカ豚コレラの蔓延を防ぐために、全国の養豚場で検査を実施するよう準備しています。この動きはバンコクでペットとして飼われていたブタが、カセサート大学で検査を受けた後、死亡したことが判明したという報告に続くものです。

タイ当局はアフリカ豚コレラの発生を繰り返し否定しており、以前はほとんどの養豚死を豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)と呼ばれる別のウイルス性疾患に起因すると考えていました。タイ農業・協同組合省畜産開発局は1月8日、ラオス、ベトナム、カンボジア、マレーシアを含む少なくとも35カ国でこの病気が確認され、畜産部門に甚大な経済的損失をもたらしたと報告しました。

今後の影響と対応

政府は国内供給を強化するために生きた豚の輸出を4月5日まで停止。タイ当局は今年の豚の数はわずか1,300万頭と推定しており、通常の1,900万頭から32%減少しています。商務省のデータによると、今週のバンコク産豚肉の価格は、1kgあたり約182.50バーツで、2021年1月よりも29%近く価格が急騰しています。

アフリカ豚コレラは人間には無害ですが、豚には致命的であり、ウイルスに対するワクチンはありません。その広がりを制限する唯一の方法は残酷ですが、影響を受けやすい動物を淘汰することです。さらなる問題は現在、バンコクの農家グループは飼料費が高いために多くの小規模農家が事業を辞めているため、豚の個体数も減少に歯止めがかかりません。農業・協同組合省は、農家が養豚に固執することを奨励するために、おそらく税制措置を通じて飼料コストを削減する方法を検討しています。

source:BANGKOK POST

ANNGLE STORE
オフィシャルグッズストア
3大寺院のマテリアル(ワット・ポー)
¥ 1,650