ANNGLE公式グッズストアオープン!

プーケットサンドボックスのスケジュールを組み直しへ

集団免疫の確保難と国内再拡大の懸念

観光需要復活の希望の光「サンドボックス」

タイ観光・スポーツ省は、2021年7月1日からプーケットで導入調整を進めていた、新型コロナウィルスのワクチン接種が済んでいる国(地域)どうしの往来を可能とする「サンドボックス」モデルの開始時期を見直す可能性があると発表しました。同省のPhiphat Ratchakitprakarn大臣によりますと、新規感染者数が毎日急増していることや試験導入先でのワクチンの不足が主な懸念要因だといいます。

ワクチンの供給と集団免疫獲得のバランス

プーケットではすでに10万人分以上のワクチンを確保しており、6月までに集団免疫を獲得するために人口の70%に対して約93万人分の追加接種を行う準備が整っていますが、タイ国内複数の地域で新型コロナウィルスの感染者数が急増してきたため、1つの地域にのみワクチンを大量に割り当てることは難しいという判断になり、現在は計画が中断されている状況です。

「万が一、ワクチン接種計画が当初の予定通りに進まず集団免疫の目標値に達しない場合には、プーケットの中でも特定の地域のみを解放することになるかもしれない」とPhiphat氏は話します。さらに現在最も重要だというのが「すでにこのサンドボックスの協定を結んでいる他国に7月1日からの開始が妥当なのか、当初のスケジュールで問題ないのかを調査すること」だといいます。

観光収入が下降の一途を辿る中、新しい取り組みとして見えてきた希望の光とはいえ、国内の感染者数が増加している状況下での決断は難航が予想されます。関係機関各所と行われる次回の会合によって今後の方針が決定する見通しです。

Source:Bangkok Post

ANNGLE STORE
タイにちなんだ面白アイテム
タイ語Tシャツ(パクチー多め)
¥ 2,580