ANNGLE公式グッズストアオープン!

プーケット・サンドボックスに6つの島が追加へ

旅の選択肢増える

ワクチン接種者の旅可能行範囲広がる

2021年8月1日(日)からプーケット・サンドボックスに6つの島が加わり、外国人観光客の受け入れがスタートしました。今回追加されたのは、クラビ県にあるピピ島、ガイ島、レイレイ島の3島と、パンガー県にあるカオラック島、ヤオノイ島、ヤオヤイ島の3島です。

プーケット・サンドボックスとは、2021年7月1日(木)より新型コロナウィルスワクチン接種済みの外国人観光客は隔離期間(14日間の定め)が免除となり、プーケット島内を自由に旅できるという観光再開計画です。タイ政府が地域を限定して試験的に開始しているものを指しています。

7+7方式

Prayut Chan-o-cha首相が議長を務めるCCSA(Centre for Covid-19 Situation Administration)の会議において、プーケットに7日間滞在後、別の島に7日間滞在し、トータル14日間タイ国内に滞在する「7+7」方式案が原則認められました。同案は、最終決定したあと正式に発表されるということです。国際空港を持たない離島は、プーケットのように国際空港を持つ地域よりも来訪外国人観光客数が少なくなります。「7+7」方式が受諾されることでプーケットを含めタイ国内での長期滞在者を生むことができ、どちらにも利益が上がるというものです。

スタートから1ヶ月が経過したプーケット・サンドボックス。現在までに7億4,900万バーツ(約2億6,000万円)の収益をあげているといいます。

Source:THE NATION THAILAND

ANNGLE STORE
タイにちなんだ面白アイテム
3大寺院のマテリアル(ワット・ポー)
¥ 1,650