近未来すぎるショッピングモール!セントラル・エンバシーがオープン

近未来すぎるセントラル・エンバシー
近未来すぎるセントラル・エンバシー
Last updated:

タイの大手デベロッパー、セントラル・パッタナーは5月8日に新商業施設「Central Embassy(セントラル・エンバシー)」をオープンさせた。

建物の場所はバンコクのウィタユ通りとプロンチット通りの一角(14万4000平方メートル)で、館内にはレストランやスパ、映画館など200以上のブランドが出店。

最終完成予想図

同プロジェクトは主にタイ人富裕層と近隣国などがメインターゲットとなっており、営業担当者は1日に6万人前後の来客を見込んでいるという。

また、来季には9階から36階の工事を完了させ、「パークハイアット・バンコク」もオープンする計画だ。(全222室を予定)

政情不安定であっても、ひたすら都市開発が進むバンコク・・・予定通りの来客が見込めるかが注目される。

セントラル・エンバシー
http://www.centralembassy.com/
https://www.facebook.com/centralembassy

出店予定の主なファッションブランド
出店予定の主なファッションブランド


大きな地図で見る

あなたにオススメの3本
バンコクのコンドミニアムが4年間で約50%値上がり!さらに価格上昇するバンコクの不動産事情... タイ証券取引所の上場不動産開発会社「セナ・ディベロップメント」はバンコク首都圏のコンドミニアム平均価格が、過去4年間で48%値上がりしていることを発表した。 1平方メートル当たりの平均価格は2009年に約6万8000バーツであったが、2013年は10万バ...
タイのドンムアン空港内にカプセルホテル 12月26日、AOT(タイ国営空港運営会社)は、タイのドンムアン空港内にカプセルホテルを設営する計画を発表しました。 場所は先日運営を再開した第二ターミナル 設営予定のカプセルホテルは、先日12月24日に再開したドンムアン空港の第2ターミナルビル(4階...
吉野家の安部会長も出席!日本食国際シンポジウムin Bangkok開かれる!... 日本食レストランの出店ラッシュで沸くタイ・バンコクで3日午後、タイ市場における日本食の現状と今後についてをテーマとした国際シンポジウムが開催され、サプライヤーやバイヤーなど飲食に関係する多くの人らで賑わった。NPO法人「日本食レストラン海外普及推進機構(JRO...
Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed Instagram Feed
よく見られてる一本
[お知らせ]「週間anngleメールマガジンサービス」を開始しました