Now Reading
移送中の受刑者が通行人にお布施を依頼したことがSNSで話題に

移送中の受刑者が通行人にお布施を依頼したことがSNSで話題に

タイ中部サムットプラカーン県で開催されている仏塔のライトアップイベント「プラサムットチェーディー」の会場付近で、移送中の警察車両の中にいた男性受刑者が「自分の代わりにお布施をしてくれ」と叫びながら、車の金網の隙間から丸めた100B紙幣を外に落とした。

たまたま通り掛かって紙幣を拾った男女のカップルが、受刑者の願いを叶えるため紙幣を拾い、寺に行ってお布施を納めた。

受刑者の紙幣を拾った男性が10月27日、この話をFacebook上に投稿。車から紙幣が落とされても誰も拾わなかったので、一緒に遊んでいた彼女と受刑者の願いを叶えようと決めたという。

投稿には、大勢の人が祈っている仏像を背景に、小さく丸められた100バーツ札を撮った写真がアップされた。

source:DailyNews

© 2019 ANNGLE(THAILAND)Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll To Top