Now Reading
ノルウェー水産団体がASEAN拠点をバンコクに移転

ノルウェー水産団体がASEAN拠点をバンコクに移転

ノルウェー産水産物の普及を図っているノルウェー水産物審議会(NSC)はこのほど、バンコク都内に東南アジアの拠点となる事務所を開設した。同国で生産された養殖生鮮サーモンの輸出量が大幅に増え、今後の市場拡大も見込めることからシンガポールから拠点を移した。

NSCによると、年間で2万9000トンもの生鮮サーモンをタイに輸出。輸出金額は45億Bとなり、今や主要輸出国の一つという。タイ国内でも健康志向の高まりを受け、ノルウェー産サーモンの需要が大きく伸び、知名度も向上している。

タイで展開する日本食レストランでもサーモンの取り扱いが増加。NSCは、すし店「寿司でん」や日本食レストラン「ゼン(ZEN)」などと提携している。新事務所は都内のノルウェー大使館内に設置され、ノルウェー産サーモンの魅力を発信する一般向けの講座なども開催予定。

See Also

source:Mgronline

© ANNGLE THAILAND All Rights Reserved.

 

Scroll To Top