Now Reading
タイ国内の主要6空港が全面禁煙に

タイ国内の主要6空港が全面禁煙に

タイの主要空港は全面禁煙

2019年2月3日から、タイ空港公社(通称AOT)が管理する主要6空港が全面禁煙となりました。

タイを代表する主要空港がすべて禁煙

在タイ日本国大使館や地元報道などの情報によると、禁煙の対象となった空港はバンコクのスワンナプームとドンムアン、プーケット、チェンマイ,ハジャイ,チェンライの6箇所。違反した場合、5,000バーツ(約17,000円)の罰金支払いが科せられ、未払いや賄賂要求などがあった場合は身柄を拘束される可能性もあるとのこと。

タイの主要空港で禁煙
タイの主要空港で禁煙

改めて注意!タイ国内のタバコに関する主な規制

・日本製品問わず、電子たばこの持ち込み及び使用は禁止
・水タバコ(シーシャ)の持ち込み及び使用は禁止
・外国からのたばこの持ち込みは一人1カートン(200本)まで
・公共施設や商業施設等は原則全面禁煙(野外を除く)
・6大空港敷地内での喫煙は全面禁止

ポイ捨てももちろん禁止
ポイ捨てももちろん禁止

プーケット限定の喫煙通報制

年々タバコに関する規制が厳しくなるタイ。今月の2月1日にはプーケット空港のゼネラルマネージャーがプーケット空港エリア内での喫煙者した場合、違反者の喫煙姿を撮影して空港スタッフ通報すれば1,500バーツの報奨金渡す制度を発表。(報奨金は逮捕することが条件。/違反者には罰金5,000バーツ)

定期的に喫煙規制を強化し、たばこ税も値上がりしている現状。タイは確実且つ強制的に禁煙国家に向かっている・・・・

AOTのデジタルフライヤー
AOTのデジタルフライヤー

source:Khaosod,thephuketnews

© 2019 ANNGLE(THAILAND)Co.,Ltd. All Rights Reserved.

Scroll To Top