\ANNGLE公式タイ語グッズストア/

タイ国家イノベーション庁 外国事業法の改正を誓約

バンコクをASEANのイノベーションハブに

NIA外国人事業法改正へ 規制なしの事業所有可能か

タイ国家イノベーション庁(NIA)は、外国企業の株式保有を49%以下に制限する「外国事業法」を改正することを誓約しました。バンコクをASESNのイノベーションハブにし、研究開発や新興企業への外国投資を呼び込むことを目的としています。新たなディープテック企業を育成し、タイの技術革新を促進する狙いです。

NIA事務局長のPun-arjChairatana氏は、次のように述べています。「バンコクの健全なスタートアップエコシステムにより、技術分野に多額の投資を行う大企業やベンチャーキャピタルはあるが、タイの研究開発に投資する多国籍企業が不足している。NIAは政府と協力し、外国人でも技術革新開発者として登録されタイで働く従業員を募集する場合は、タイで規制無く事業を所有できるようにすることを考案している。」これにより、多国籍企業は単なる生産拠点や営業所ではなく、タイの研究開発施設に投資するようになるでしょう。「これからはビジネスのために旅行する時代が来る。」とPun-arj氏は付け加えました。

イノベーション地区の地方拡大を狙う

同庁はまた、メタバースに着目し、来年の第1四半期にイノベーション企業をコミュニティとして集める「NIAバース」キャンペーンを計画しています。地方のイノベーション地区の数を増やすことにより、バンコクだけでなく他地域の主要都市にもイノベーションコミュニティを構築する狙いです。地域の管理者、大学、政策立案者、サイエンスパークなどを民間企業や地域の市民と結び付けることを目指します。

NIAは投資委員会(BOI)と協力して、イノベーション地区で事業を行う特定の分野の企業に対して、税制上の優遇措置を提供してきました。現在、バンコクには12のイノベーション地区があり、北部に11、北東部に12のイノベーション地区があります。Pun-arj氏によると、NIAは地元のディープテックスタートアップ、特に医療、食品、防衛、農業、人工知能の分野のスタートアップ企業支援に注力しており、2023年までに100のディープテックスタートアップ企業数を目標としています。

source: Bangkok Post

ANNGLE STORE
オフィシャルグッズストア
タイ語Tシャツ(パクチーなしで)
¥ 2,580