Now Reading
タイ周辺国貿易が3%減、対華南は大幅成長

タイ周辺国貿易が3%減、対華南は大幅成長

タイ貿易局は12月25日、2019年1~11月におけるタイ周辺国(マレーシア、ラオス、ミャンマー、カンボジア)との貿易が不振だったと発表した。

同期間の輸出入総額は1兆2,319億Bと、前年同期比2.97%減。内訳は、輸出が2.62%減、輸入が3.42%減だった。同局はバーツ相場の不安定さや米中貿易戦争による世界的な経済低迷が貿易不調の原因とみている。とくに貿易額が下落している項目は、ゴムや電子部品、自動車とその部品、飲料、布製品など。また、最大の貿易国であるマレーシアに対しては8.76%減だった。

一方、中国南部の華南を通じての貿易は好調。輸出額は62.19%増、輸入額は7.64%増で、貿易総額は25.31%増と1,185億8,300万Bの増額となった。中でも野菜や果物の冷凍品、パソコン、干しリュウガンが伸長した。

source:khaosod

© ANNGLE THAILAND All Rights Reserved.

 

Scroll To Top